シンコ・デ・マヨ、ようこそ荒川区へ!ラテンのお祭りが西尾久へやってくる!(5月11日・12日)

シンコ・デ・マヨ(Cinco de mayo)はスペイン語。直訳すると「5月5日」という意味です。

1862年に当時のメキシコに侵入してきたフランス軍をメキシコ軍が破った戦いがあり、それを記念するお祭りが現地で開かれるようになりました。

その後アメリカでこのお祭りが大きく発展し、日本にも2013年に上陸しました。

2013年より代々木、お台場などで開催

これまで代々木公園やお台場で開催されてきたこのお祭りですが、2019年はなんと荒川区は西尾久へとやってきます。


この、国際色豊かな陽気なラテンのお祭りが荒川区に移ってきたきっかけは、シンコ・デ・マヨの音響を担当していた西日暮里のI.G.O.スタジオの橋本さん。

実はシンコ・デ・マヨ。毎年盛り上がってはいたのですが、2018年を最後に、主催者都合によって日本での開催が中止になる予定だったのです。

このお祭りの雰囲気が大好きだった橋本さんは、なんとしてもその灯を消したくないと、開催地をもとめて奔走。そこに名乗りをあげたのが、音楽とダンスを軸に西尾久を盛り上げていきたいと考えている、遊園地通り商興会の皆さん。

この2つの思いが出会い、西尾久でのシンコ・デ・マヨが実現することとなったのです。

シンコ・デ・マヨ実行委員会 & 遊園地通り商興会の皆さん。一番奥真ん中が橋本さん。

GW明けの5月11日(土)・12日(日)の2日間に渡り、あらかわ遊園地前グラウンドで開催される予定の「シンコ・デ・マヨ 西尾久 2019」。
イベントを主催するシンコ・デ・マヨ実行委員会の橋本さんに、見どころなどを聞きました。

 

全体の流れはどのようなものになるのでしょう?


あらかわ遊園前のグラウンドにメインステージとセカンドステージがあり、1日10組以上のバンドやダンスチームが出演する予定です。

ラテン系のサルサやサンバなどのバンドの演奏や踊りのパフォーマンスを中心に、常に音楽や出し物があり、ステージでは途切れることなく何かをやっている、という2日間になります。実施する内容については2日間で大きな違いはありませんが、出演者は若干変わります。

出演者は続々決定中!

現在、出演者もほぼ決まり、現在タイムーテーブルなどの最終調整を行っているところです。間もなくウェブサイトやFacebookにも掲載する予定ですので、ぜひチェックしてください。
入場無料で、全てのステージを無料で見ることが出来ます。

 

食事はどんなものが出るんでしょう?


去年までお台場でやっていたシンコ・デ・マヨに出店していたフードのお店を中心にアメリカ大陸のフード、ドリンクが基本的には主体になります。

ただ、今回は荒川区内のラテン系のお店もいくつか出店いただくことになりましたし、西尾久の遊園地通り商興会との共催になる関係で、遊園地通り商興会に加盟する飲食店や、あらかわ遊園地通りマルシェにいつも出店されているキッチンカーなども出店する予定です。なので、全てが南米の料理というわけではありません。

キッチンカーはグラウンド外の遊歩道沿いに出店する予定で、全体で20ぐらいのフードのお店が出店する予定です。

ラテンフードがたくさん!

 

アフターパーティもあるんですね!


はい。イベントは2日間ともに18時で終了しますが、18時以降は、いずみや、+h cafe、アクールジョア、じゅんやなど、遊園地通り商興会の各店舗にてアフターパーティが開催されます。

各店ともに、日ごろの料理をそれぞれ少しラテン風にアレンジしたものを提供する予定で、シンコ・デ・マヨの出演者も来店して、皆さんと一緒に楽しむパーティにする予定です。

アフターパーティーには出演者も参加

 

どんな方にオススメですか?


これまではお台場や代々木公園でやっていたので、ある意味誰でも来るイベントでした。
シンコ・デ・マヨのこれまでの来場者にももちろん来てもらいたいですが、今回は荒川区に移ってくるので、地元の方にも是非知ってもらい、来ていただきたいと思っています。

その一環として、地元の子どもたちを集めてその場で即席でカーニバルをやってみたり、ダンスチームを集めてアマチュアの子たちもステージに上がってもらってみんなでダンスをしたり。子どもたちも一緒に楽しんで遊べるような仕掛けを考えています。

また、お年寄りや身体の不自由な方のための優先席なども設置する予定で、そういったものも含めて、出来るだけ地元のどんな方でも楽しんでいただけるものにしていきたいと思っています。

 

抱負をお聞かせください!


アメリカ最大級のお祭りが日本にやってきて、そして今回荒川区に来ます。
荒川区ではこれまでなかなか見たことのないようなステージなども展開され、エンターテイメント満載の楽しいお祭になると思いますので、ぜひ見にきていただきたいです。

すとりぃとふぇすも開かれた、あらかわ遊園地前グラウンドがメインステージ。

西尾久を音楽とダンスのプラットフォームにしていきたい、という地元の方の思いにうまく沿えられるようなものにしていきたいですし、これまではシンコ・デ・マヨはアメリカから輸入された外国人主導のイベントでしたが、今回始めて、日本人を中心にこのイベントを作っていくことになります。
日本人が解釈し、新しく作っていくシンコ・デ・マヨがどうなるのか。それを作り上げていくプロセスが今回始まるのだと思っています。

日本でやる意味も少しずつコンテンツなどにも反映させていって、日本人ならではの楽しいイベント、お祭りにしていければと思います。

長い歴史を持つシンコ・デ・マヨの元々のラテンのエネルギーと、橋本さんと西尾久の仲間の新しい想い。この2つが出会ったことで、また新しいシンコ・デ・マヨの歴史が始まるのかもしれませんね。

そんな歴史の1ページ目、ラテン・エンターテイメントの2日間を、ぜひ体感しに行きましょう!
5月11日・12日はあらかわ遊園前へ。

最新の情報は、シンコ・デ・マヨ公式サイト、またはFacebook公式ページにてご確認ください。

シンコ・デ・マヨ公式ホームページ
シンコ・デ・マヨFacebookページ

※現在、シンコ・デ・マヨを個人で応援できるクラウドファンディングも実施中。あなたの名前が会場ボードに載る権利や、限定グッズなどを得ることができますよ。ぜひこちらもご確認ください!:シンコ・デ・マヨ消滅の危機を救え!シンコ・デ・マヨ西尾久のサポーター大募集!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です