焼きたてパンが並ぶお店「ぜん」@熊野前。天然小麦と天然酵母使ってます。

やっと、やっと取材してきました!
熊野前商店街にオープンしたパン屋さん「ぜん」

実はお店が工事中の時に気になって、取材をお願いしていたんですけれどオープン前だったので落ち着いたらと言うことで、ずっと待ってました。

11月15日にオープンして、もう半年近くたったのですね。

店長の岩本一伸さんからお話をお伺いしました。

岩本さんは大学時代に空手で日本一になったことがある経歴の持ち主で、その岩本さんがどうしてパン屋さんになったのか興味がわきました。

お話を伺って驚いたのは、パン屋さん「ぜん」は親会社はIT企業だというのです。
IT企業の食品部門のような部署の出店、第一号が「えん」のお店なんだそうです。

荒川区に第一号店を出店。
どうして、この熊野前商店街に第一号店を?
お店を見た時に、見た目の雰囲気が良かったのでこの地に決めたそうです。

疑問に思ったのは、IT企業がパン屋さん?
じゃ岩本さんは出店するにあたり、パン作りはどちらで教わったのでしょう?

素人にパン作りを教えるプロジェクト、リエゾンプロジェクトでパン作りを教わり、しかも1週間でパン作りをマスターしたそうです。

岩本店長の次に、パートで採用した人たちにもこのリエゾンプロジェクトでパンの研修に行ってもらったそうです。
「ぜん」のパンは岩本さんとパートの方で作られています。

お店に行かれた方は、いつもと勝手の違うパン屋さんに驚かれたと思います。
私もその一人。

パンを買いに行ってもパンの品数が少ない事があるからです。

「ぜん」のコンセプトは、焼きたてのパンを召し上がってもらう」というもの。
焼きたてのパンがいつもお店に並んでいるというのが理想なんだそうです。

パンを買いに行く方としては、買いたいパンが買いに行ったときには「ない」というショックもあります。
でも、焼きたてのパンはやっぱりおいしい!

こだわりは、国産小麦と天然酵母を使い焼きたてパンを提供するということ。

お勧めのパンは「塩バターロール」

 

私もいただきましたが、おいしい。
実は私の息子もこのパンを食べると止まりません。

 

でも「ぜん」で食パンとフランスパンを見たことがないんです。
お尋ねすると、食パンは10時の開店の時に6本と16時半から17時くらいに6本と焼きあがるということです。

開店前から並んでらっしゃる方もいるそうですよ。
それでは、なかなか買うことができませんね。
予約をお願いする方もいらっしゃるけれど、お断りしているそうです。
買うためには開店時間に行くのがいいかもしれませんね。

私の大好きな、フランスパンは13時くらいに焼きあがるそうです。
でも、たったの4本だけなのでこれもゲットするのは厳しいですね。
買うことができたら、ラッキーと思えそう。

岩本店長に読者の皆さんにメッセージをお願いしたら
「ご迷惑をおかけしてすみません」でしたという謝罪の言葉(笑)
「日曜以外祭日でも営業していますのでお待ちしています」と話していました。

今は20種類のパンを販売しているので、17時頃に閉店になるそうです。

お店の名前「ぜん」はお膳から考えたそうです。
毎日の食事に「ぜん」のパンをという想いがあるのかもしれませんね。

<店舗情報>

  • 正式店名:ぜん 熊野前店
  • 営業時間:10:00~(売り切れ次第終了)
  • 定休日:日曜日
  • 住所:東京都荒川区東尾久5-20-14 ふぢやビル1階
  • 電話番号:03-4500-9694
  • Twitter:@ZenKumanomae

 

 

※荒川102へのお問合せ・取材の依頼・イベントカレンダーへの掲載希望などは、「掲載依頼・お問合せ」内の問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です