創業50年!地元に愛される下町の小さなレストラン 三好弥

下町の小さなレストラン 三好弥
下町の小さなレストラン 三好弥

東日暮里にひっそりと佇む一軒家レストラン、三好弥。実は気になっているという方、多いんじゃないでしょうか?

この三好弥という屋号のお店は都内を中心に数十軒ある洋食店で、荒川区内には現在二店舗営業しています。

今回は鶯谷駅から徒歩7分ほどの下町の小さなレストラン 三好弥さんにお邪魔してきました。

お店の前に並ぶ食品サンプル 三好弥
お店の前に並ぶ食品サンプル。テンション上がります。

三好弥さんの各店舗は代々のれん分けで増え続けたそうです。とは言っても各店につながりはなく、独立してからは独自に営業しているのだとか。

こちらの三好弥さんの創業はなんと50年前。芝大門にあった三好弥(初代からのれん分けされた二代目)で10年間修行したのち、昭和42年に独立したそうです。

修行を始めた昭和32年というと、東京タワーができた前年で三丁目の夕日の頃になります。お店の場所も芝大門ということで東京タワーの目の前ですね。

前回の東京オリンピックが昭和39年なので高度成長期の真っ只中、洋食がまだ珍しく、ごちそうだった時代です。

アットホームな店内にはメニューがたくさん。 三好弥
アットホームな店内にはメニューがたくさん。

ウッディな店内に貼られたメニュー。洋食の定番から居酒屋メニュー、焼きそばなど洋食店には似合わないものもちらほら。

それらは常連のお客様にお願いされて増えていったそうです。

今年優勝した広島カープでブレイクした町屋出身の鈴木誠也選手のサインが飾られています。 この翌日に1試合2本ホームランを打って快進撃が始まったとか。 三好弥
今年優勝した広島カープでブレイクした町屋出身の鈴木誠也選手のサインが飾られています。
この翌日に1試合2本ホームランを打って快進撃が始まったとか。

お店はご主人夫妻と息子さんの三人で営業。

修行時代も含めれば60年も洋食を作られている超ベテランなご主人と、某一流ホテルのレストランで修行された息子さんが料理担当。息子さんが修行したレストランの料理もメニューに取り入れたとか。

名物!味噌カツライス 三好弥
名物!味噌カツライス

お店の名物の味噌とんかつ。

ご主人の修行時代の弟弟子が退職し、味噌カツの本場、豊川で独立。その際にお店のイロハを教え込んだ替わりに教えてもらったのが味噌カツだったそうです。それが40年ほど前のこと。

三河名物の味噌カツを東京の人向けにアレンジした味噌カツは今でも大人気メニューです。

40年の歴史がある味噌カツ 三好弥
40年の歴史がある味噌カツ

さっくり揚がったカツにこってりとした味噌の相性は抜群。添えられた千切りキャベツにつけても美味いです。

ご飯がいくらでも食べられますね。

お店で挽いているハンバーグと自家製ベシャメルソースのクリームコロッケ 三好弥
お店で挽いているハンバーグと自家製ベシャメルソースのクリームコロッケ

こだわりは安心素材と手作り。ハンバーグで使う挽き肉もお店で挽くこだわりよう。

みっしり詰まった挽き肉に玉葱の食感が楽しい。

120年以上の歴史を誇る岩の原葡萄園の国産ワイン 三好弥
お店で飲めるワインは120年以上の歴史を誇る岩の原葡萄園の国産ワイン

お客さんは地元の人が多く、子供の頃にお子様ランチを食べていた人が自分の子供を連れてくるようになるのだそうで、まさに地元密着。

お客様と一緒に長い年月を重ねてきた愛されるお店です。

浅草の三国ハムに海老フライ、メンチかつ、肉天のBセット 三好弥
浅草の三国ハムに海老フライ、メンチかつ、肉天のBセット

人気メニューはクリームコロッケにお子様ランチ。もうファミレス以外でお子様ランチを食べられるお店もなかなかないですね。また、冬には牡蠣フライも人気だそうです。

奥様が三河出身で三河の素材を使った料理もいろいろ。

ご主人夫妻と息子さん 三好弥
ご主人夫妻と息子さん

名古屋めしに手作りの洋食を食べることができる老舗洋食店。50年の歴史のある洋食店は東京中を探してもなかなか無いですよね。だからと言って常連以外入れないお店ではありません。

アットホームなお店で昔なつかしい洋食と食べてみませんか?


<店舗情報>

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です