都電を貸切でライブイベントやってみた。

先日取材していただいたARAKAWA102記者の吉澤です。やってきましたよ!都電荒川線で!ライブイベント!!

<おちけん presents 友の会 その11 – 秋の遠足 ->

  • 日時:2014年11月02日(日) 12:30受付開始/13:00頃発車
  • 場所:都電荒川線 車内(三ノ輪橋駅 発~早稲田駅 着)
  • 出演:柴山 一幸、タナ・カミオ(from 名古屋)
  • 料金:2,000円(税込、遠足のおやつ付)
  • 定員:30名
  • 詳細:https://samantha0930.wordpress.com/info/tmnk11/
遠足のしおりと乗車券型参加証

コンセプトは秋の遠足。遠足のしおりと乗車券型の参加証はこの日のための手作りです。

そして遠足といえばおやつ!昔懐かしの駄菓子を日暮里の問屋街で調達してきました(予算を伝えただけで瞬速で選んでくれたおじさんありがとう)。車内は飲食ができないので帰りのお土産にしました。

遠足といえばおやつ!

電車を借りるのは初めて。右も左も分からず荒川電車営業所へ電話で問い合わせたところ「毎月1日の10時から2ヶ月先の予約を電話で受け付けている」とのこと。

さっそく掛けてみたのですが、これがなかなか繋がらない。30分ほど繰り返し鳴らしましたが繋がりませんでした。半ば諦めつつ、時間をおいて正午過ぎに再度電話を掛けると「その日は空いてます」とのご返事!かくして秋の遠足を開催することが決まりました。

日程が決まったところで出演者の依頼と並行して荒川電車営業所に数度打ち合わせに伺いました。こちらの要望に対する可否、過去の事例に基づいた提案、イメージが湧かない場合は車庫内の車輌も案内してくださいました。

担当の方は「電話で話すより手っ取り早いんで」と笑って話されましたが、お忙しい中一つ一つ丁寧に対応してくださって心強かったです。

椅子席とレジャーシート席

車輌は少し懐かしい雰囲気の7000形でリクエスト。座席が約20席、間の通路に遠足らしくレジャーシートを敷いて合計30名を定員としました。搬入搬出は荒川車庫、お客様方には三ノ輪橋から早稲田まで都電をまるっと楽しんでいただく、1時間の小さな遠足です。

当日は開演2時間前に開催確認電話、1時間前に荒川車庫集合で準備や支払いを済ませるはずだったのです、が!私が機材レンタルに手間取り、車庫に着いたのが発車時刻(関係者の皆様本当にすみませんでした)。三ノ輪橋駅で待つお客様方にもご心配をお掛けしましたが、予定時刻から5分程度の遅れでなんとか三ノ輪橋を出発。

タナ・カミオ(DinnerSet)

このライブのために名古屋から駆けつけてくれたタナ・カミオ(DinnerSet)。電車でライブをするのは昔から夢だったという彼女。「街のど真ん中で歌っているみたい!気のせいだろうけど自分の歌が街中に響き渡っているような気分になった」と終演後に語っていました。それ、きっと気のせいじゃないよ。

柴山一幸

そしてとにかく下町が好きで荒川区界隈にもなじみがあるという柴山一幸さん。マイクを離れて車内を練り歩き、一人一人に語りかけるように歌う姿に思わず参加者もにこにこと手拍子。停留所の人々も彼の声に耳を傾けているようでした。

流れる車窓の景色もがらりと変わり、あっという間に終演。お客様を見送った後はすっかり燃え尽きてしまった私ですが、お客様、出演者、スタッフ、都電の皆様のおかげで忘れられない遠足になりました。ありがとうございました!


<都電の貸切に関する詳細はこちら>

都電の貸切について | 東京都交通局
荒川電車営業所 03-3893-7451(10時から19時まで、無休)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です