西日暮里駅で健康相談!? 薬剤師カフェ、ERUMINAを定期開催中

この記事は約3分で読めます。

なんとなく我慢しているその不調を、漢方ティーカフェで解決


「薬剤師をもっと身近に感じてもらい、薬剤師と地域の人が出会う場をつくりたい」

そんな思いから、気軽に健康相談ができる場所として「ERUMINA〜処方箋のいらない薬剤師カフェ〜」というイベントが西日暮里駅エキラボniriで定期開催されることになりました。

第1回で提供されたお茶は「血流改善・デトックス効果 美と健康ブレンド茶」

漢方ティーを飲んでくつろぎながら、カラダに役立つお話が聞けたり、健康相談を受けたりすることができます。

荒川5丁目にあるOGP薬局荒川店の薬剤師・鈴木怜那さん

主催するのは薬剤師の鈴木怜那さんと石丸勝之さん、登録販売者の山口彩華さん、助産師の村上理奈さんによる「りんごプロジェクト」。

「薬剤師がもっと地域と関わっていくにはどうしたらいいか」と考えた結果、薬局にいるだけで知ってもらえることには限界があると感じ、イベントを開催することにしたそうです。

関連記事: 一人でも多くの女性と子どもの健康をサポートしたい。薬剤師、鈴木怜那さん

鈴木さんはこれまでも女性や子どもの健康相談に課題感をもって、生理やHPVワクチンの知識を広める「あらかわ生理部」、閉経後の体の悩みや不安をテーマにした「あらかわ生き生き部」を定期開催してきました。

2021年11月27日(土)に開催される、第2回となるERUMINA

次回、2021年11月27日(土)のメインコンテンツを担当するのが、薬剤師の石丸勝之さん。健康相談を気軽にできるカフェ併設薬局「調剤喫茶」の開店をめざしており、まず屋台から始めることにしたそうです。

写真の屋台は、クラウドファンディングで資金を募って製作した努力の結晶。なんと目標の6.5倍の支援を受けて成功させました。

2021年11月27日(土)のお申し込みはPeatixにて

ERUMINAで相談できる内容は?


11月27日(土)は10分程度のミニ講座を4つ開講

ERUMINAで相談できる内容は多岐にわたります。

普段飲んでいる薬のこと、気になっているちょっとした体調不良のほか、「薬剤師ってどんなことをしているの?」といった疑問など、聞きたいこと、聞いてほしいことを話題にカフェを楽しんでください。

なお、10月に開催された第1回では漢方ティーカフェのほか、「PMSと月経困難症」のワークショップ、若者や子どもに向けた性と健康に関する相談室の3部構成で開催されました。

ワークショップで語られたお話で印象的だったのは、「月経痛は過ぎ去るのを耐えるもの」という意識をもつ女性も多いということ。

生活の質を落とす原因になるほか、結果的に健康を害することにもつながると鈴木さんは警鐘を鳴らします。正しい知識を身につけるため、不調を感じたら病院のほか、近くの薬局の薬剤師に相談してほしいと訴えました。

24歳以下の学生は無料! 若い人にこそ知ってもらいたいことがある


思春期のお悩みや、女性特有のお悩み相談ができる「SRHRユース相談室」も開催

ERUMINAは今後も定期開催を予定しています。入場料は漢方ティー付き500円(税込)ですが、24歳以下の学生は漢方ティーなしの無料で入場も可能です。

2021年11月27日(土)のお申し込みはPeatixにて

イベント情報の詳細は鈴木怜那さん、石丸勝之さんのInstagramでも発信中!

健康相談をしてみたい人、若いお子さんをもつ親御さんなど、気になったらぜひ西日暮里駅で開催されるERUMINAに足を運んでみてください。

30代以上の女性に……1月には更年期ワークショップを開催


2022年1月22日(土)には仕事や子育てで忙しい30代以上を主な対象として、更年期を考えるワークショップを開催。

病気ではないけれどそのままにしている心身の不調、これからの健康のことなど、なんでも気軽に相談できますよ。詳しくは以下のポスターをご覧ください。


<イベント情報>

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です