得意分野は勉強が嫌いな子です。なにかし学習塾withヒキダシズムが開校!

この記事は約8分で読めます。

ジョイフル三ノ輪で、街の図書館・無料の居場所サービスを提供する、なにかし堂

絵本からビジネス本まで2000冊以上の本が揃うなにかし堂は、学校帰りの子どもたちが気軽に立ち寄れる場所。
本を読んだり、思い思いに遊んだり、勉強したり、子どもだけでなく、学生や年配の方も使っています。
仕事で帰りが遅いお母さんお父さんにとっても、お子さんがここにいると思えば、安心できる場所。
昨年6月のオープンから約1年が経ちましたが、今ではすっかり地元の子どもたちの放課後の遊び場、あるいは大人の居場所として広く利用されるようになりました。

「もともと無料の町の図書館というコンセプトを主軸に発信していましたが、地域で子ども食堂をお手伝いしたことがきっかけで子どもたちに利用してもらうことが多くなりました。一人来てくれると子ども同士でお友達を呼んでくれるなどあっという間に月の利用が100人を超えるような形になり、遊び場としてたくさん利用してくれています。」(店主の野口さん)

参考記事:なにかし堂 子供や学生が使える無料スペースがジョイフル三ノ輪にオープン

そんななにかし堂で、この4月から新しいスタイルの学習塾が始まります。
塾の名前は「なにかし学習塾 with ヒキダシズム」
オンライン学習塾を運営するヒキダシズムとの提携により提供されます。

 

きっかけは、昨年夏に実施した無料の夏期講習や理科の実験教室


「夏に無料で夏期講習などを実施したところ反響が大きく、利用した子どものお母さんから塾として使えませんか?と提案をいただきました」

9月から試験的に教室サービスを開始。
口コミでサービスの存在が広まり、いまでは小学生から高校生まで個別に勉強を見る状況になりました。
そこで正式に体制を整えてサービスを提供すべく、もともと接点のあった、なにかし堂の代表野口さんとヒキダシズム代表の永嶋さんで年末に塾の構想が始まり、急ピッチでサービス開始にこぎつけました。

野口さん(左)と永嶋さん(右)

「よくある学習塾のような受験メイン、合格を目標にする、といった場所にはしたくありませんでした。それよりも、何か子どもたちが何かに挑戦するきっかけを作るための塾であり、そのきっかけ作りの一つが勉強であれば良いし、何か挑戦したいことが他にあるのであればそれを応援する。そういう自分たちでありたいと考えています。」

またオンライン学習塾との連携により、対面授業であればここに来てもらえればいいし、オンラインで勉強したいという場合にはオンラインでも勉強ができる。
そういった組み合わせを実現できるのもなにかし学習塾の大きな特徴に据えました。

急ピッチで開校まで進めました

「子どもに限らず誰でもそうだと思いますが、その日のテンションで家で勉強したいとき、図書館で勉強したいとき、塾で勉強したいとき、ってありますよね。その子にあったスタイルを提供できればと思っています。」

ヒキダシズムの永嶋さんはもともと大学受験専門の予備校で講師をしていました。

「予備校に来るような子どもたちはある程度家庭に余裕もあり、勉強することは当たり前で、大学に行くことも当然。そういった環境の子たちが多いです。なにかし堂に来ると、そもそも勉強すること自体が苦手な子もいます。そういった子どもたちにも安心して学習できる環境を提供していきたいなと思います。」

まずは子どもたちそれぞれに合ったきっかけ作りから

 

得意分野は「勉強が嫌いな子です」


塾のコンセプトは「勉強が嫌いな子」に勉強の習慣をつけてもらうこと。

コロナ禍での通学制限や、スマホや携帯ゲーム機もある中、子どもに「集中して勉強しなさい!」といったところで集中できるような環境じゃないですよね。
多くの子どもたちが、わかっていても、手がつけにくい世の中になっていると思います。
コロナ禍によって経済状況が不安定になる中、子どもに対して余裕をもって接してあげられない親も増えてきています。

居場所サービスを通じて、そんな子どもたちが置かれている環境の現状を目の当たりにしてきたなにかし堂では、ヒキダシズムとの提携にあたり、「勉強するきっかけを作ること」「毎回塾に来るのはおっくうになってしまう子でも参加しやすくすること」などに特に重点を置いて考えてカリキュラムを作成しました。

なにかし学習塾チラシ

コースの設定は小学生から高校生向けまで。
月謝は小学生週1コース(算数)で月6,600円から、中学3年生の数学・英語の週2コースでも月17,000円と、いずれも家庭の負担も考えた料金設定になっています。
また、高校生向けのコースではLINEでの質問し放題であるなど、オンラインでも気軽にサービスが受けられるようになっています。

各授業の定員は最大9名。
一人ひとりの子に寄り添った授業を提供する予定です。

 

1回20分の授業で楽しく学習習慣と創造力が身につく算数クエストは特にイチオシ!


「今回特にイチオシなのが算数クエスト、です。」と野口さん。

算数クエストは、小学生向けの週2回の算数道場で、20分だけ集中してプリント学習を行うコースで、計算力、論理力、図形把握能力を鍛える教室です。
60分の授業に集中してほしくても子どもには難しく、授業の中では良く休憩を挟んだりします。であれば最初っから20分の授業を作ってしまおうということで考案されました。

採算度外視で作ったというこの授業。そのお値段はなんと週2回で「月1800円」という破格なもの!
月8コマあるので、1回あたりわずか225円という料金です。

「何よりも週2でいいからちゃんと来てもらって20分でいいから勉強する習慣をつける。楽しく勉強して、終わったらここでわーっと遊ぶ。そんなリズムを付けてもらいたいと思っています。」(野口さん)

使う教材は単なるドリルではなく、ちょっと思考力を鍛えるようなものを使います。
クイズ感覚で楽しみながら空間把握能力を鍛えることができるような教材になっています。

「ただ単に計算をやってもらって終わったらバイバイ、というものではなく、目的をもって授業を設計し、20分の間しっかりと指導も行いますので、この教室は本当に自信を持ってオススメできます。」(永嶋さん)

居場所サービスを通じて様々な団体や学生と繋がっているなにかし堂さん。
塾というコアは大事にしながらも、今後は読み聞かせや読書タイム、ボードゲーム大会や簡単な運動会など、繋がっている人たちとも様々なコラボレーションを発生させながら勉強以外にも子どもたちに様々な「きっかけ」を提供していきたいと考えているとのこと。
また、子どもたちの親とも一緒に楽しんでいきたい、と言います。

「子どものことばかり考えて肝心の自分のことを考えられていないという保護者さんもいると思います。お母さんたちから見て”子どものために”だけでなく、お母さんも参加者として”一緒に楽しむ”。そういう場を作ることが出来たらいいなと思ってます。」

 

知性と人情にあふれた人に育ってほしい


「この町は人情の町だと思います」という野口さん。

なにかし堂の運営にあたっても様々な設備を安く設置してもらったり厚意でお花を持ってきてくれる人がいたり、地域の様々な方からの支援の気持ちを受けてきました。
そこで塾のテーマは「知性と人情にあふれた人を育てる」と設定しています。

「古いテーマなんですが、僕自身が感じてきたあったかみを伝えていきたい。そういうものは、教えるものじゃなくて自然と染み渡るように感じるものなんだと思うんです。人に何かをしてあげたりプレゼントすることって気持ちのいいことなんだな。そういうことを、ここに来る時間を通じて感じてもらえるといいなと思ってます。」(野口さん)

「子どもたちが大人になったときに温かい大人であってほしいし、ふとなにかし堂を思い出したときに”いい場所だったな”と思い出してほしいし、できれば、自分たち自身もそういう場を子どもたちに作りたいな、と思ってもらって循環していくと嬉しいなと思います。」(永嶋さん)

様々な人の厚意や支援を受けて育ってきたなにかし堂

なにかし学習塾 with ヒキダシズムのホームページにはこんな言葉が載っています。

“君が変わるきっかけになりたい
いま、立ち止まっている君へ
いま君は、好きなものがない、かもしれない。
いま君は、夢中になれるものがない、かもしれない。
そんな自分が、嫌いになっている、かもしれない。
ぼくたちもそうだった。
「でも、それは悪いことじゃない。」
こう想わせてくれた居場所があったから。
そこで学び、ぼくたちは
あの時動き出せた。
今度は、ぼくらが
こんな居場所を君に贈る。”

「勉強が嫌いなまま育った子どもたちの話を聞いてみると、小学校時代から勉強がわからなくてついていけないのに怒られて更にやる気を失っていったり反発を覚えたりした、というようなことがあると思います。突出して誰かを上回るようなことは目指さなくても、少なくとも学校に通っている間は楽しく授業を受け、友だちと同じ空間を過ごす。そういうことは大事だと思います。色々な事情があってそういう体験が出来にくい子どもたちにも、ここの場所を通じてそういう空間・体験を提供したいなと思っています。」(野口さん)

少しずつの達成感を大事に。

 

まずは気軽に相談を。4月中の入塾なら入塾金0円。


4月中の入塾の場合、入塾金が0円、1ヶ月間の授業料が無料になります。

勉強が嫌いな子、勉強で困っている子。
子どもたちをどう導いたらいいのかわからないお母さんお父さん。
まずは、どんな話でもいいので相談してみたらどうかな、と思いました。

NPO法人&オンライン学習塾ならではの、ご家庭の事情にあった割引制度などもあります。
たくさんの子どもたちを見てきた「なにかし学習塾 with ヒキダシズム」なら、きっと、親身になって聞いてくれます。


<店舗情報>

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です