尾久図書館、2月20日の開業に向けて着々と準備整ってます

この記事は約1分で読めます。

尾久八幡神社裏から宮前公園に移転のため、昨年9月に閉館した尾久図書館。
2月オープンに向けて着々と全容が見えてきましたね。

新しい図書館は憩いのスペースや子育て用のひろばだけでなく、カフェも入るなど、コミュニティスペースとしてより多機能になる様子がすでに配布され始めているパンフレットからも読み取れます。ゆいの森に似た雰囲気になるのかなー?

外から見た感じではもう今にも利用者に使ってもらえそうな雰囲気がムンムン。
なにしろ荒川区は「読書を愛するまち・あらかわ」を宣言していますんで。皆さん知ってますよね?
新しく綺麗な図書館はこれまで以上に落ち着いてたくさん本が読めそうです。

荒川区の中でも落ち着いた町並みと都電、そして路地裏に点在するお店や商店街がやわらかな印象の尾久地区。
その新しいシンボルとなるのが宮前公園。

(参考)「宮前公園」が誕生します!どんな公園なのか担当者の方にお話を伺いました

最終的な完成は令和4年4月が予定されていますが、図書館オープンとともに一気に日常利用が加速しそうですね。
ますます楽しみになってきました。

荒川区立尾久図書館
電話:03-3800-5821
住所:東京都荒川区東尾久8-45-4
URL: https://www.library.city.arakawa.tokyo.jp/


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です