東日暮里の株式会社オフィスサニーが「魔法のザラザラ下じき」を発売(プレスリリース)

この記事は約2分で読めます。

東日暮里の印刷会社、オフィスサニーより、子どもの書字学習教材の新商品「魔法のザラザラ下じき」の発売開始に関するプレスリリースがありました。


<プレスリリース本文>

株式会社オフィスサニー
2021年1月28日

学童文具の常識を覆す新発明!文字が上手に書けるようになる魔法の下じきを発売します。


教育・療育現場の声を受けて研究を重ね実現したザラザラ加工によって、紙とえんぴつの間に生じる摩擦が振動になり手指に伝わることで、効率的に運筆力を育てます。


子どもの書字学習教材『凹凸書字教材シリーズ』を展開する株式会社オフィスサニー(東京・荒川区/代表取締役:高橋淳一)が、新商品『魔法のザラザラ下じき』を発売いたします。

文字を書くことは学びの第一歩。文字書きに自信がつくと、さまざまなことに興味を持つようになり、学習への意欲も高まります。文字は自分を表現するために一生使う大事なコミュニケーションツール。きれいに書けて損することはありません!

【文字を上手に書けるようになるには「運筆力」を育てることがポイント】
子どもが文字を書く練習の前に高めておきたいのが「運筆力」です。「運筆力」とは、えんぴつを思った通りに動かす力のこと。大人にとっては、筆記具を自由自在に動かして文字を書くのは簡単なことですが、手指の筋力、骨格の発達が十分でない子どもにとって、えんぴつを器用に使って整った文字を書くことは、大人が思っている以上に難しいことです。整った文字を書くには、この「運筆力」が必要になります。

【文字書きによくあるこんなお悩み】

これらのお悩みを克服することが、整った文字が書けるようになる近道です。

【下じきがザラザラだとなぜいいの?】
『魔法のザラザラ下じき』は、ノートや紙の下に敷くと、文字を書く時にザラザラした感触になって、えんぴつの動きが手指と脳でしっかり感じられるから、頭の中にイメージしている文字と、実際の手の動きが一致しやすくなります。

下じきの表面に施した、細かい凹凸の並び方と大きさに魔法の秘密があります。ザラザラタッチでえんぴつの動きがゆっくりになるから、文字のカタチが整いやすくなります。下じきが運筆のコントロールや、筆圧調整のサポートをしてくれるのです。

『魔法のザラザラ下じき』は、ザラザラタッチで正しい運筆の習得をサポートし、文字書きに必要な運筆力を育てます。毎日の学習で継続的に使用することが書字の向上につながります。

【新1年生にオススメ!】
いよいよ4月から始まる小学校生活への期待に、親子で胸がいっぱいになっている方も多いと思います。反対に、幼稚園・保育園での「遊び」が中心の生活から「学び」が中心の生活への移行に、不安を覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

文字書きに自信がつくと、さまざまなことへの興味や意欲が高まり、自分で成長出来る子に育ちます。文字書き学習は最初が肝心!『魔法のザラザラ下じき』で、しっかり「運筆力」を育てましょう。

【お問い合わせ】
株式会社オフィスサニー
東京都荒川区東日暮里4-4-6
電話番号:03-3802-1900
FAX: 03-6800-2916
URL: https://dekirubiyori.com/products/shitajiki/

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です