鉄板購入をめざして!町屋の広島風お好み焼き菊丸がクラファンを開始

この記事は約2分で読めます。

目標金額は200万円! 夢の鉄板購入の第一歩


菊丸の廣瀬小夏さん

町屋の広島風お好み焼き菊丸が2021年8月21日(土)、鉄板の導入をめざしてクラウンドファンディングをスタートしました。

目標金額は200万円。どのような取り組みなのでしょうか? 話を聞きました。

>> 菊丸のクラウドファンディングページへ(Makuake)

コロナ禍での開店から1年……やっぱり大きな鉄板で焼きたい!


広島への愛が詰まった、菊丸の店内

コロナの不安が広がる中、2020年9月に菊丸はオープンしました。広島への郷土愛と広島東洋カープへの思いが詰まったお店には、同郷の人やカープファン、野球好きのお客さんが集まります。その賑わいと裏腹に、廣瀬さんの心には「お好み焼きの楽しさをもっと伝えたい」という気持ちが強くなったそうです。

現在は居抜き物件を活用し、小さめサイズの調理器具でお好み焼きを提供しています。

「対面でコミュニケーションしながら、焼き上がる工程を楽しんでほしい」
「鉄板からそのまま食べるお好み焼きのおいしさを届けたい」
「お好み焼き教室を開いて、荒川区の人にも広島のお好み焼き文化を広めたい」

試行錯誤しながら1年間営業を続けるなかで、夢がより具体的になりました。そのために必要なのが、本場・広島のお店のような大きな鉄板です。

>> 菊丸のクラウドファンディングページへ(Makuake)

クラウドファンディングの方法、リターン内容は?


2名様コース5,000円。お好み焼きはもちろん、ドリンクとデザートつき!

クラウドファンディングは、多くの人々から少しずつ資金調達を行う取り組み。「Makuake」で支援を受け付け、鉄板の導入をめざします。

支援者が得られる特典である「リターン」は1,000円から。一部を抜粋してみましょう。

  • クーポン1,100円分(1,000円)
  • ロゴシール2枚(1,000円)
  • オリジナルトッピング命名権(3,000円)
  • 2名様コース5,000円チケット(5,000円)
  • 名前入りのヘラ(10,000円)
  • お好み焼き1ヶ月食べ放題券(10,000円)
  • オリジナルユニフォーム+帽子(20,000円)
  • 1日店長券(50,000円)
  • 1日貸切券(100,000円)
  • お好み焼き1年間食べ放題券(100,000円)

最高額は1,000,000円! どんな内容か、ぜひMakuakeのページで確認してみてください。クラウドファンディングの募集期間は、2021年11月18日(木)まで。受付件数の上限が決まっているリターンもあるため、お早めに!

>> 菊丸のクラウドファンディングページへ(Makuake)


<店舗情報>

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です