京成町屋駅のホームから見える、あの店。Dining&Bar 3Fで1日の〆の1杯を

この記事は約2分で読めます。

1周年を迎えたDining&Bar 3F


京成線町屋駅から徒歩30秒。駅のホームから見えるビル3階にあるバー、Dining&Bar 3F(サンエフ)が1周年を迎えました。

カウンターに立つのは、中田 絢(なかだ あや)さん。これまで町屋のバー、ペンザンスをはじめ都内各所でバーテンダーとして経験を積んできました。

数ある3Fの魅力の一つは、プロの手によるさまざまなお酒を堪能できること。その日の気分にあわせて、1日を締めくくるための1杯に出会えます。

今や家飲みの定番となったハイボールも、バーテンダーによって異なる味わいに仕上がるもの。ウィスキーの比率や炭酸水の注ぎ方、温度管理など、作り方によって違いを楽しめる飲み方です。

また、季節のフルーツを使ったカクテルのほか、野菜や果物に漬け込んだお酒も提供しています。

1日の終りにバーテンダーの手によるおいしいお酒とともに人と語らい、自分と向き合う。
3Fでしか味わえない、あなたの時間が楽しめます。

 





席によって表情が変わる店内


座る席によって雰囲気が変わるのも、3Fの持ち味。窓際の席からは電車の往来を眺めることができます。

この席に座り、駅を眺めながら1日の疲れを癒す常連客もいるとのこと。

廃墟をイメージしたという店内でひときわ目を引くのが、壁一面に描かれたペインティング。

自由で力強い筆致が印象的な作品です。

全面に描かれた赤い三角と、それを覆うように重ねられた水色、ピンク、黒などの曲線。

近づいてみると、ディティールに無邪気さや遊び心を感じられます。

絵は床にまで広がり、壁一面には収まりきらないアーティストの創造力が伝わってくるようです。

 

温かみと解放感が同居する、作品のルーツ


町屋で飲み歩いている人は、もしかしたらこの作風に見覚えがあるかもしれません。

3Fは町屋バル三角屋の2号店で、三角屋の店内に描かれている作品と3Fの壁画は同じアーティストによるものです。

作品を手掛けたアーティストは新倉孝雄さん(写真左)。

三角屋、3Fのオーナーである湯原隼人さん(写真右)と旧知の仲の孝雄さんは、アーティスト活動をしながら駒沢公園そばの喫茶nicoを営んでいます。この写真は喫茶nico 25周年パーティーでの1枚。

なぜ僕がこんな写真を撮れたかというと……信じられないような偶然なのですが、僕は大学在学中に喫茶nicoでアルバイトをしており、OBとしてパーティーに参加していました。

常連で賑わうお店でありながら、初めてでも温かく受け入れてくれる。それでいて店内では解放感を味わえる。

店内に描かれたこれらの作品は、三角屋と3F に共通する魅力を表しているように思います。

<店舗情報>

  • 店名:Dining&Bar 3F
  • Instagram: @diningbar3f
  • 営業時間:19:00〜翌日5:00
  • 定休日:なし
  • 住所:〒116-0002 東京都荒川区荒川7丁目22−5 宝ビル 3階
  • 電話番号:03-5604-9969

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です