肉まん研究所がジョイフル三ノ輪にアンテナショップ出店!三ノ輪限定まん登場

この記事は約1分で読めます。

本場中国で修行を積んだオーナーによる手作り肉まんが大人気の肉まん研究所が、ジョイフル三ノ輪にアンテナショップを出店しました。

場所は、荒川一中側の端っこ。八百屋の前にある、ロケ弁のタカネットさん。
タカネットのオーナー高杉さんが肉まん研究所の肉まんを食べてみて、ジョイフル三ノ輪にも地元発祥の肉まんがあるといいなと思って実現しました。

ジョイフル三ノ輪荒川一中側

ジョイフル三ノ輪の限定商品として、タカネットで定番の「マグロステーキ弁当」とコラボした限定まん「マグロステーキまん」も登場。
魚の臭みもなく、ソースが染み込んだ皮で2度美味しいというお品。

生の魚は中華まんにとって難しい食材。肉まん研究所のオーナーが修行された重慶も中国内陸地ということで魚まんは無かったそうですが、「タカネットさんが焼くマグロステーキと肉まん研究所の皮の相性がとても良かった」ので商品化したとのこと。早速食べてみた記者も、「生姜と甘辛いソースがマグロの臭みを消してて、冷めても美味しいです。」とのことでした。

こちらは肉まん。ついつい色々買ってしまいます。
こちらは肉まん。ついつい色々買ってしまいます。

新しい包み紙には、これまで無かった「包羅万餡」という文字も。こちらは森羅万象から名付けた造語だそうです。

「宇宙に存在する一切のものを包容する空間という意味合いの森羅万象から、世間に存在する一切の美味しさを中華まんに包むという意味を込めて造語にしました。肉まん研究所は研究所らしく、常に新しい具材に興味を持って開発していくよう心がけたいと思います。」

今後もさらに味をブラッシュアップして行くそうです。まだまだ限定商品は出てくるようですし、楽しみですね!

参考記事:【開店】肉まん研究所 ~ 三河島駅徒歩3分に中華まん専門店がオープン

参考記事:【新メニュー】肉まん研究所の新作「あんまん」を一足お先に試食してみたよ


    • 出店場所:タカネット
    • 住所:荒川区南千住1-21-1
    • 電話:090-1404-5892
    • 販売時間:11:11より売り切れまで


フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です