町屋スカイプロバンス、コンテスト入賞パンを販売中! バゲット最高傑作も

この記事は約4分で読めます。

町屋の実力派パン店「スカイプロバンス」が、歴史あるコンテストで入賞


入賞メダルのパネルとともに喜びを語る、店主の宮崎義仁さん
入賞メダルのパネルとともに喜びを語る、店主の宮崎義仁さん

カリフォルニア・レーズン協会が製パンのプロフェッショナルを対象に開催する、「カリフォルニア・レーズンベーカリー新製品開発コンテスト」。今年6月の開催で27回を迎えたこの歴史あるコンテストで、町屋の人気パン店「スカイプロバンス」の作品が入賞! 作品を期間限定で販売しているとの情報を聞きつけ、取材してきました。

 

昨年の落選をバネに、悲願の入賞


カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテストは、お店の看板・定番となり長く愛されるレーズンパンを募集するコンテスト。パン店の店頭で販売されるパンのほか、コンビニエンスストアや卸売の商品も対象とする2つの部門に分かれており、レーズンパンの新製品開発を支援してきました。

「昨年は落選してしまい、今回こそはという気持ちで応募しました。尊敬するパン職人の先輩が挑戦していた姿勢を見て、独立前から応募を続けているコンテストです。自身の店を持つにあたり、普段応援してくださるお客様や、共に働くスタッフに自分の情熱を行動で示したいと思い、挑戦を続けています。ずっとパンのことばかり考えている生活ですが、2日間にわたるコンテストの最中は、ここ数年で経験したことがないほどの緊張との闘いでした(笑)」

そう語るのは、スカイプロバンスの店主、宮崎義仁さん。そんな思いのこもった入賞作品は、どんなパンなのでしょうか。

 

噛めば噛むほど旨味が広がる…オリジナリティーあふれる、おつまみパン


入賞作品「フーガス・ゴルゴンレザン ~レッドワインにアンチョビオリーブとクルミを添えて~」
入賞作品「フーガス・ゴルゴンレザン ~レッドワインにアンチョビオリーブとクルミを添えて~」

入賞作品名は「フーガス・ゴルゴンレザン ~レッドワインにアンチョビオリーブとクルミを添えて~」。

フーガスとは木の葉形のパンで、店主である宮崎さんの修行先であるプロバンスの名物です。そこに、尾久の原公園のしだれ桜の葉をイメージしたギザギザを取り入れました。宮崎さんにとって尾久の原公園は、町屋に店を構えるきっかけになったというほど愛着のある場所。プロバンス、そして町屋への思いが結実した作品になりました。

赤ワインで仕込んだ桜色の生地に、赤ワイン漬けカリフォルニアレーズン、アンチョビオリーブ、クルミ、ゴルゴンゾーラ、クリームチーズをランダムに混ぜ込んでいます。ひとつのパンでありながら、場所ごとに違う味わいが楽しめるのが特徴です。カリフォルニアレーズンの甘酸っぱさや風味、アンチョビオリーブ、クルミや雑穀の香ばしさとともに、チーズの塩味が味わえます。

固めの食べごたえのある食感で、噛めば噛むほど生地のしっかりした旨味が口内に広がるため、お酒のお供にぴったり! 「ぜひとも赤ワインを一緒にお楽しみいただければという思いで作りました」と宮崎さんも語ります。

審査員からも、食材の組み合わせと、オリジナリティーあふれる見た目の美しさについて手ごたえのある評価が受けられたよう。

一方、幅広く多くのお客様に提供するにあたり、成形作業など工数がかかってしまう点には厳しい指摘が入ったのだとか。実際、店頭での販売も1日あたり5個程度に抑えられています。

 

コンテストを振り返って


コンテストの経験を通じてお店やパンへの思いを語るときは、自然と饒舌に
コンテストの経験を通じてお店やパンへの思いを語るときは、自然と饒舌に

今回のコンテストを終えて、ひとつの大きな山場を越えた宮崎さん。振り返ってみて、いかがでしたか?

「多くのお客様に応援いただき、それにお応えすることができました。スタッフにも良い報告ができ、意識が活性化されたことに喜びを感じています。コンテストの2日間では時間が経つごとに多くのライバルたちとの仲間意識が芽生え、とても良い環境で戦え、そして繋がることができました。彼らのもつ多くのパンに関するアイデアと味に触れられたことは、この機会を通じて得られた財産です。また、パン業界のさまざまな方との出会いがあり、今後のビジネスに拡張性が増えました。

そして何より、次回のコンテストへの意欲がさらに沸き上がっています。審査員の方からいただいた課題をクリアし、来年こそは大賞を目指します!」

 

パンへの探究心が産んだ最高傑作、バゲット・プロバンス


宮崎さんが最高傑作と語る、バゲット・プロバンス(300円・税込)
宮崎さんが最高傑作と語る、バゲット・プロバンス(300円・税込)

コンテストを終えた宮崎さんは、新商品を開発していました。その名も、バゲット・プロバンス。修行先の名前を冠した名称からも、自信のほどが伝わります。

看板商品であるバゲット・オーバーナイトの生地に、ドイツ産ライ麦粉、ドイツ産雑穀粉を加え、力強い穀物の風味を味わえます。クープカットを4か所入れることにより、美しいフォルムと共に、立ち上がったエッジがクリスピー感を強調。滋味深く重厚な味わいで、そのままはもちろん、肉料理、赤ワイン、チーズ、バター、アンチョビ、オリーブなどと合わせても互いを引き立て合い、美しくマリアージュします。

「過去最高のバゲットです。試作したとき、あっという間に一人で全部食べてしまいました。さまざまなバゲットを試してこられた、通のお客様にオススメしたいですね」

実際に私もいただいてみましたが、食感を演出する固さと、ふわふわとした柔らかさのバランスが絶妙。しっかりした満足感がありながらも手が止まらない、旨味のあるバゲットでした。パン好きの友人に食べてもらいたい一品です。

仕込みに手間がかかるため、1日2本程度の限定製造。店頭で見かけた際には、ぜひ手に取ってみてください。

 

<店舗情報>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です