荒川のものづくりを発信!西尾久ARAKAWA ii VILLAGEがクラファンをスタート

この記事は約3分で読めます。

西尾久に「下町の道の駅」をつくりたい


ARAKAWA ii VILLAGEの川合理江さん、川合輝幸さん、淡路優子さん

西尾久で雑貨店やカフェなどの複合施設であるARAKAWA ii VILLAGEが、クラウンドファンディングをスタートしました。

ARAKAWA ii VILLAGE隣のガレージを、店舗、カフェ、フリースペースとして活用できる「下町の道の駅」にリノベーション。ものづくりの街、荒川の魅力を伝えるイベントを行う情報発信の場をつくるという取り組みです。

職人さんたちをはじめとした、荒川で働く人たちの魅力を伝えるための展示、ワークショップを行えるよう、作家や企業の人たちの「こうだったらいいのに」を叶える場所をめざします。

>> ARAKAWA ii VILLAGEのクラウドファンディングページへ(CAMPFIRE)

「嵐の中の灯台でありたい」……女将の挑戦


地域で連携してイベントをたくさん開きたい、という思いをもって2019年10月にARAKAWA ii VILLAGEをスタートした同店の「女将」、川合理江さん。その年明けから新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、人が集まるイベントの企画は次々に白紙になっていったそう。

メンバーで試行錯誤を続けるなか、「自粛生活でストレスを感じる地域の人たちに、少しでも楽しい時間を」と2020年12月6日(日)にクリスマスマーケットを開催。イベントは大盛況となりました。たしかな手応えを得た川合さんは「これからも挑戦を続けよう」と決意します。

荒川区でも企業の倒産、お店の廃業が相次ぐなか、ものづくり産業のため「嵐の中の灯台」でありたい。そんな挑戦が、今回のクラウドファンディングにつながりました。

>> ARAKAWA ii VILLAGEのクラウドファンディングページへ(CAMPFIRE)

クラウドファンディングの方法、リターン内容は?


5,000円の支援に対するリターン、ARAKAWA ii VILLAGEオリジナルタンブラー

インターネットを活用して、多くの人々から少しずつ資金調達を行う、クラウドファンディング。今回の取り組みは、クラウドファンディングサービスである「CAMPFIRE」で受け付けています。

簡単な会員登録のあと、「リターン」と支払い方法の選択を行うだけで申し込みが完了。支払い方法はクレジットカード払い、銀行振込のほか、キャリア決済、PayPay、コンビニ払いなども選択できます。

「リターン」とは、支援者が得られる特典のこと。選べる支援額はリターンによって3,000円〜300,000円までさまざまなコースがあります。ARAKAWA ii VILLAGEからのリターンとして用意されているのは、コーヒーチケット10回分、陶芸家によるマグカップやトレーといったものから、お店の貸し切り、イベント開催サポートや、商品企画立案サポートまで幅広い内容です。

クラウドファンディングの募集期間は、2021年3月7日(日)まで。ものづくりの街、荒川の魅力を伝える「下町の道の駅」に向けた取り組みに、注目が集まっています。

>> ARAKAWA ii VILLAGEのクラウドファンディングページへ(CAMPFIRE)

<店舗情報>
店名:ARAKAWA ii VILLAGE
住所:〒116-0011 東京都荒川区西尾久3丁目5-5キリン鉛筆ビル1階
電話番号:03-6807-8195
営業時間:月曜、火曜11:00~17:00/木曜〜日曜11:00〜18:30
定休日:水曜日
Instagram:https://www.instagram.com/arakawa_ii_village/
Facebook:https://www.facebook.com/arakawaiivillage
ホームページ:https://www.kawaikikaku.net/arakawa-ii-village

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です