三ノ輪にこだわりの干物屋がオープン。朝から贅沢に干物を食べてみた。

この記事は約1分で読めます。

犬竹魚店、角上魚類とこだわりの魚屋が熱い南千住にニューカマー登場
新型コロナウィルスの影響で自宅に篭ることが多くなった今やってみたいことナンバー1といえば朝から干物と納豆でご飯を食べること。朝はバタバタしてるし服に匂いもつくからなかなか朝から干物で朝ご飯の家も少なくなったんじゃないでしょうか?
そんな夢を叶えてくれる干物専門店、しらすドンドンが南千住1丁目(三ノ輪橋近辺)にオープン。

一瞬、店名は「しらすや」だとおもいますよね?
まだ看板をつけていなく本当のお店の名前は「しらすドンドン」
場所は三ノ輪橋駅近くの大八の向かい、ラーメン三ノ輪家の並びです。

当然、メインはしらす。
しかしそれだけじゃない!明太子や魚の干物が並んでいます。


小さな店なので種類が多いとはいえないけれどどれもとても美味しそう。
市場関係から仕入れたこだわりの干物をリーズナブルな値段で買える店なのです。

というわけで「脂がのってて美味しいよ」と店主のおすすめサバの薫製醤油干しと徳島産の上しらす、スルメイカを購入。念願の朝から干物の朝ごはん。


やっぱり焼くなら網でしょう。グリルもいいけど焼きながら目と耳で楽しみたい。
脂が落ちて時々着火するときのビジュアルは昂まりますよね。なんて贅沢な朝なんだ。

しらすは別日に食べようとおもっていたけど我慢できずにしらすもいただきます。


いやあ、サバは味付けが絶妙、脂が乗ってて美味しい。しらすもふわっと上品な味、海を感じます。
なんて最高な朝ごはんなんだ!ありがとうしらすドンドン。

お店は不定営業、しまっているときは次の営業日を店先に掲示しているのでこまめにチェックしてください。

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です