京成日暮里駅にテレワーク用ブースが出来たので使ってみた!

この記事は約1分で読めます。

京成日暮里駅の構内にテレワーク用のボックスブースができていました。

場所はタリーズコーヒー側のロッカー横。

向かいにタリーズ

運営しているのはTELECUBEという会社。
どんな使い心地なのか、早速利用してみました。

利用にはまず会員登録が必要です。
ボックスに貼られているQRコードを撮影すると、登録サイトに飛びます。
会員登録は名前や誕生日など結構いろいろ聞かれます。

会員登録が完了すると、サイトから予約したいブースを探して予約します。
今日は「即時予約」を使ってみました。

予約したのは15分。
12:12に予約したのですが、12:30まで使える予約となりました。3分ほど得した感じです。

即時予約すると即座に目の前のブースの鍵が「ギー」っと開く音がして、ドア横の液晶ディスプレイに「開錠します」と出ます。
そんなにすぐに開くと思わなかったので思わず見逃していたら、またすぐに閉まってしまいました(汗)。

ドア横の小さなディスプレイに開錠などの情報が表示されます。

慌てて手元のスマホでサイトに戻ると「再入場」というボタンがあったのでポチっと押すと、また開錠してくれました(ホッ)。

ドアを開けるとこんな感じ。

中には小さなデスクとソファがあります。
だいたい1m四方ぐらいです。

デスクの上にライトのスイッチがあったので押すと点灯。
電源が2箇所と給電用のUSBがありました。

エアコンもついているので中は快適ですね。
残念ながら、WiFiはありません。当然あるかと思ったんですがつけてほしいなあ。

ドアの向こうから駅の案内アナウンスはぼんやり聞こえてきます。
完全防音ではないけど仕事の支障になるようなレベルではなく、逆に安心かもしれません。

利用時間終了5分前になると、自動アナウンスで「退出準備をしてください」というアナウンスが流れます。

今回は15分(250円)で使いましたが、急ぎで仕事を片付けたいときやオンライン会議などでさっと使うのにはかなり集中できる気がします。
JR日暮里駅を使っている方は、一度京成日暮里駅に入場する必要がありますのでご注意を。

ちなみに、この記事はブースで15分で書きました^^

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です