こちら都電荒川遊園地前が事務所(こち荒) vol.1

この記事は約2分で読めます。

はじめまして。

今回から寄稿させていただくことになりました、ヒロヤス(記者プロフィール)といいます。まずは自己紹介を。

 

私は、西尾久7丁目の荒川遊園前電停そばに在住していまして、フリーカメラマンをやっています。実は広島県の福山市出身の私が、なぜ、荒川区西尾久にいるのでしょうか?

私は以前は会社に属して、いわゆる”社員カメラマン”をやっていました。その会社がスタジオを埼玉の行田市に作るということになったのがそのきっかけでした。

本社(青山)から行田のスタジオまでは距離が遠いので、両方に通える良い場所に引っ越そう、という話しに家族との間でなりました。そこで、「高崎線の各駅を降りて良い物件を探してみよう」と思い立ち、上野を出発し、1つ目の尾久駅で降りたのです。

 

駅前には何もなく、「東京23区のJR管内にこんな駅があるんだ!」というのが第一印象でした。さらに、駅から延びる道を歩くと、目の前にチンチン電車が!!「なんだここはっ。」(東京に来て10年ほど経ってましたが、都内に路面電車が走っていることすら知りませんでした)

ほどなく不動産屋が見つかり、貼ってある物件を物色すると「貸家」の文字。

都内で一軒家を借りることができる、しかも安い(!)。

個人的には次の駅と、その次の駅くらいまでは見てから選びたかったのですが、妻の積極的な「ねぇ、これいいじゃん。とりあえず見せてもらおうよ〜」という一言に押され、見学させてもらうことに。ところが、見学してみると悪くない、むしろ良い。

出かける前は、「ぶらり途中下車の旅」気分で不動産屋を巡ってみて、帰ってから「あそことあそこと、どっちが良かった?」というような話をしようと目論んでいたのに、まさかの1件目で契約。ハンコを押して帰ってきてから、「あ、駐車場どうしよう、、」という会話をする羽目になったのでした。。

 

そんな訳で、荒川区に住むことになったのですが、時は流れ、子どもが生まれ、仕事も会社員からフリーになりましたが、まだ荒川区に住み続けています。一言で言うと、居心地が良いんです。

自己紹介というか、引っ越しの経緯を紹介してるだけになってしまいましたね。。ここからは、また別の機会に。次回以降の記事では、西尾久エリアを中心に、色々なことを紹介したいと思っています。

 

さて、尾久には「オクノテ」という尾久地域を盛り上げる団体があり、私もメンバーとして所属しているのですが、「オクノテ」が主催するイベント「あらかわハロウィン」が、今年も開催されます。

あらかわハロウィン #1

あらかわハロウィン #2

あらかわハロウィン #3

あらかわ遊園周辺でハロウィンパレード、園内でトリックorトリートを行います。また、私自身も、仕事の内容を活かしてイベントの模様を撮影し、写真展を開催します。

都電と一緒にパレードしたり、遊園内が仮装の子ども達でにぎわったり、荒川区の新鮮な一面を見ることができると思いますので、是非お越しください!


<イベント情報>

  • あらかわハロウィン2013

開催日は10/27(日)です。詳しくは、「オクノテ」のHPをご覧下さいね(コチラ)。

  • あらかわハロウィン2013写真展

開催期間は11月6日(水)から11月10日(日)を予定。

場所は、サンパール荒川2Fの、1-1-1ギャラリー(コチラ)。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です