素盞雄神社に七五三用の碁盤が置かれています

この記事は約0分で読めます。

素盞雄神社の正殿前に碁盤が置かれていました。

どうやら七五三用のようです。

「碁盤の儀」とは何なんだろう?と思ったら、境内に説明の札がありましたよ。

平安時代から続く儀式なんですね。
こんなことがなければ知りもしなかったことです。
1200年続く神社が古の伝統を今の世に伝え続けてくれていて嬉しいですね。

碁盤は小宇宙。
ヒカルの碁を思い出します。
靴は脱いであがりましょうね。

七五三のお子さんをお持ちのお父さんお母さんは、ぜひ素盞雄神社で碁盤の上にお子さんを乗せて記念撮影してはいかがでしょうか。

お問い合わせは神社まで。
素盞雄神社ホームページ

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です