町屋スカイプロバンス、春の新作は「枝垂れ桜のシュトーレン」

この記事は約1分で読めます。

尾久の原公園の枝垂れ桜をイメージしたシュトーレン


枝垂れ桜のシュトーレン・獺祭さくらんぼ 2,200円(税込)

町屋の南仏風ベーカリー、スカイプロバンスが春の新作「枝垂れ桜のシュトーレン・獺祭さくらんぼ」を販売中です。宮崎シェフのお気に入りスポットである尾久の原公園の枝垂れ桜をイメージしたシュトーレンで、さくらんぼ、クランベリー、カリフォルニアレーズンがぎっしり。

これらのフルーツは日本酒の獺祭(だっさい)に漬け込んでおり、フルーティーな風味に仕上がっています。暖かな春を感じ、食べた人もお店の人も気分が上がるようにという思いを込めました。

関連記事:町屋スカイプロバンスのシュトーレン・バレンタイン、2022年も限定販売中

 

こだわったのは桜をイメージした色合いと、洋風食材と和風食材のバランス。合成着色料を使わず、桜の花や葉、ビーツの粉末を使用して桜色と葉の緑色を表現しています。

ちょうど尾久の原公園の枝垂れ桜が開花し始めました。枝垂れ桜のシュトーレンは1カ月ほどの期間限定販売。今回も店頭のほか、オンラインショップでも購入可能です。気持ちが上がる春、お花見のお供にいかがですか?


<店舗情報>


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です