荒川区役所前の「どか食い部」の1kg弁当に挑戦してみた!

この記事は約2分で読めます。

9月1日に荒川区役所前にオープンしたお弁当屋の「どか食い部」。

【開店】お弁当の「どか食い部」荒川区役所向かいにオープン!(読者情報)

オープン時に行った時は残念ながら13時にしてお弁当はほぼ売り切れのもぬけの殻。。。だったんですよね。
「パッケージからはみ出るほど唐揚げがのってます」と店員さんに言われてもね、現物ないし、わからんし、っていう状態。

その後オーナーから「すいません〜」とメールとともに送られてきた写真には、名物唐揚げ弁当だけでなく、「1kg弁当」なる弁当の写真が。

なに?1キログラム弁当?そういうの、記事的にそそるじゃないですか。
というわけでリベンジに行ってまいりました。

こちらが唐揚げ弁当(600円)と1kg弁当(1000円)です。

1kg弁当(1000円)
唐揚げ弁当(600円)

人気の唐揚げ弁当もレポートしたいんですが、今回の主役は1kg弁当。

いや、確かに重い。重いんですよ。片手で持つとずしっと来る感覚。
でもね、本当に1kgあるんかな?って思うじゃないですか。正確なところ、知りたいですよね?
料理用のはかりで計ってみました。

エラーです。
このはかり、最大計測可能重量が1キログラムなんですよね。
壊れてんちゃうの?、と思ったかもしれない読者のために、一応、唐揚げ弁当も計っておきましょう。

こちらは558グラム。ちゃんと測れました。はかりは正常です。
パッケージから唐揚げがはみ出しているこちらもめちゃ重量級なんですけどね。
超重量級の1kg弁当を前にすると脇役になってしまう。

正直に言うと、私は唐揚げ弁当食べたかったんですよこの時。
でも今日は1kg弁当食べるしかないですよね。挑戦するしかない。
フタを開けてみました。

壮観ですね。
もうね、視覚で襲ってくる過剰なカロリーの圧がすごいです。
ご飯の上に載っているのは、メンチカツ、コロッケ、しぐれ牛、もつのキムチ炒め、蒸し豚、ケバブ、オムレツ。。。
ちなみに具は日によって違うらしいです。

どの具から行くか迷いますね。
ここで性格が出ますね(ほんとか?)。
私が選んだのはメンチカツ。

ジューシーでうまい。もっと油っこいかなあと思ったんですけど案外サクサクいけます。
ケバブや蒸し豚、ホルモンと、それぞれ味が違うので、このボリュームなんですが、飽きずに食べ進められます。
ただね、お米の層がやばい。

「これでもか!」と言わんばかりの米が、弁当ボックスの仕切りの上までしっかり盛られています。
食べ盛りの中学高校生だったら最高な眺めかも。
いろいろ偉そうなことをいいましたが、すいません、だいぶ手前で散りました。

どか食い部の皆さま、失礼致しました。
修行してきます。

というわけで、荒川区の食いしん坊の皆さま。
どか食い部の1キログラム弁当へのチャレンジお待ちしております。


<店舗情報>

  • 店名:お弁当、お惣菜「どか食い部」
  • 住所:東京都荒川区荒川3丁目12−16
  • 電話:03-5615-2490
  • 営業時間:11:00-15:00、17:00-22:00
  • 定休日:不定休


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です