日暮里出身の兄弟漫才コンビ「きんぶら」地元で初ライブ!

この記事は約3分で読めます。

2月23日、日暮里サニーホールにて爆笑ひぐらし名人会『2020年度 漫才新人大賞予選』が開催!
27組の芸人さんたちが5月に開催される新人賞本戦にむけて熱き戦いを繰り広げます。

「そう、勝つためには手段選ばず、なにやってもいいんですよ」
「ヴァーリトゥードじゃないんだから。ネタの内容でね…」

と、いきなりのボケ、ツッコミを入れてきたのは漫才コンビ「きんぶら」のきゅーぴぃゆうきさん(左、弟)ときんぐまさきさん(右、兄)。
漫才新人大賞予選の出演する「きんぶら」はコンビ結成4年目、日暮里生まれ日暮里育ちの兄弟漫才コンビです。

「新人賞の予選に出るのは今年2回目なんですけど、去年は緊張しすぎちゃって…」
「舞台に出る前から目がバッキバキでね。他の出演者にも怖いって言われて」ときゅーぴぃゆうきさん。

日暮里で育った2人、荒川区での思い出もたくさんあります。
「よく日暮里南公園で遊んでましたね。そこの前に久米商店っていう駄菓子屋があって、そこで作ったおでんが置いてあるんですよ。お母さんからもらった小銭握りしめておでん食べながらアーケードゲームやってね」

「駄菓子大好きで、以前、駄菓子の問屋街があって…、それでこの体型ですよ(笑)」

尾久の原公園前のあそこが…、町屋のね…と、もう止まりません。
「荒川区は下町以上、繁華街未満のちょうどいい感じがいいですね。ガヤガヤしすぎてないというか」

お笑い芸人になるきっかけを教えてください。
「兄の小学校の卒業文集で将来の夢のところにお笑い芸人になるって書いてあったんですよ」と、きゅーぴぃゆうきさん

子供の頃、お笑いブームで爆笑オンエアーバトルを録画して家族で見ていたそうです。その頃好きだったのはアンタッチャブルやハリガネロック、エレキコミック。中学高校と経てきゅーぴぃゆうきさんは映画監督を目指し専門学校に進みますが、裏方より人前に立つことの方に興味が湧きました。

「学生時代からいじられキャラっていうか、ムードメーカーみたいな感じで」

浅草東洋館でのバイトをしながらピン芸人として舞台に立つようになり、兄のきんぐまさきさんを誘いコンビを結成しました。

結成当時は普通の漫才をしていたのですが、好きなことで勝負したいと思い昨年末からお互いが大好きな映画をテーマにした漫才にスタイルを変えていきます。

「最初はロッキーをテーマにした漫才を作って最近は男はつらいよをテーマにした漫才をやりました」
「次のネタでジャッキーチェンをやりたいって事務所の社長に言ったら、なんで今?って言われたんですよ(笑)」

ジャッキーチェンのネタは私個人的にはとてもみたい!インタビュー中なのに話題はジャッキーチェンの歌について発展。ファーストミッション挿入歌チャイナブルーについて熱く語ります。

そして合唱するという展開に。
「チャ、チャ、チャ、チャイナブル、チャイナブルー…」
って、イントロも最高。本当に仲良い2人はこの1曲だけで延々1時間は話せる勢いです。


「普通の兄弟より仲良いと思いますよ。好きなものとか近いですし」

今回の漫才新人大賞予選は2人の地元日暮里での開催、みどころを教えてください。
「テレビで見る漫才と寄席で見る漫才はテンポとか違うんですよ。寄席のスタイルの漫才を観れるいい機会です。是非みにきてください」(きんぐまさき)
「この新人賞は若手芸人の1年の集大成です。同じネタでも練り直したりするんですよ。楽しめると思います」(きゅーぴぃゆうき)

漫才新人大賞予選
 2/23(日)
開場 12:30
開演 13:00
場所 日暮里サニーホール
料金 1500円
お問合せ カフェンティ
0120-240-540
https://www.confetti-web.com

きんぶら出演イベントスケジュール

プロデューサーハウスあ・うん
事務所ライブ
『東京笑い者』

2/24(月)
開場 16:45    開演 17:00
新宿Fu        料金 1200円

3/30(月)
開場 18:15    開演 18:30
新宿Fu        料金 1200円

お問合せ プロデューサーハウスあ・うん
03-5759-7031
https://ph-aun.net

『きんぶらのSHOW!ブラザーズ!』
東京ネットラジオ  毎月第1火曜日配信

『さくらんぼ通信』
Cwave
毎月第2水曜日放送
YouTubeにて配信

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です