まちにホントに畑ができました「ごきんじょファーミング」見学レポート

この記事は約5分で読めます。
当日の農作業の様子。じゃがいもの種芋を植えるための穴を掘っています。

先日の記事で開催告知をさせていただいた3月23日(土)開催の「ごきんじょファーミング」のオープニングイベント。
荒川102の記者も現場に行ってまいりましたので、レポート記事をお送りします。

-「ごきんじょファーミング」とは?


このイベントは当日の様子もさることながら、その理念や目的が重要なので、改めてご説明します。
イベントのチラシ。

「ごきんじょファーミング」とは、荒川区役所の若手職員を中心に組成された研究会「モクミラ」によってプロデュースされた、官民連携プロジェクトの一つです。
荒川区の土地の6割近くが、地震時等に大規模な火災が発生するおそれのある木造住宅密集地域(木密:モクミツ)であることは有名なお話ですが、モクミラとは、そんなモクミツの未来(ミライ)を考えるための、若手の荒川区職員の集まりです。

「もくみら」のFacebookページ。

荒川区のモクミツでは、燃え草となる木造建物の密度を下げたり、焼け止まりに必要なオープンスペースを確保したりという目的から、区が管理している空地が点在しています。
例えばこんな土地。

ゆいの森西、仁風保育園南の不燃化促進用地。
不燃化促進用地に建てられた看板。目的のある空地であることが説明されています。

これらの空地には、当面は建物を建てられることがありません。
したがって、雑草が生い茂ったり、それを防ぐために防草シートが敷かれたりして、結果としてそこは死んだ空間となってしまいます。
防災という必要性からの取組みが、逆にまちの魅力を下げている側面があるのです。

今回、そんな土地を暫定的に活用して、まちづくりに役立てようというプロジェクトが始まりました。
モクミラが目をつけたのが、「まちなか農業」という手法だったのです。

今回の取組みの舞台となった場所は、荒川4丁目、荒川中央通りから旧荒川図書館に入るところの角地です。
聞くところでは、かつてはお肉屋さんが建っていた敷地なんだとか。

今回の「ごきんじょファーミング」の舞台となった、不燃化促進用地の従前の様子。防草シートが敷かれた上に、周囲には杭とロープが張られています。

– オープニングイベントの様子


さて、ここからは3月23日当日の様子をご紹介しましょう。

オープニングイベント当日の様子。大勢の参加者が集まっています。

モクミラメンバーやその他区役所職員、周辺の町会長のほか、ご近所の方々が大勢集まっており空地活用の可能性を感じさせる光景でした。
瞬間最大人数は公式には発表されていませんが、普段は何気なく通り過ぎてしまうようなこの土地に50〜60名は集まっていたように思います。

ちなみに、あまりに大人数で敷地内にとても収まりきらなかったので、普段は消防団として活動している参加者の方が善意から交通整理をしてくださる様子が印象的でした。

イベントは、モクミラの発起人である荒川区職員・伊藤賢司さんの挨拶で始まりました。

挨拶する伊藤さん。

挨拶が終わるといよいよ畑づくりがスタート。
前日のうちに黒土が現場に運び込まれていたので作業は畝づくりからでした。

畝づくりの様子。鍬を用いる力仕事です。

続いて、種蒔きの作業。

今回作られた畑は5畝で、それぞれ、
* にんじん
* なす
* エンドウ
* トマト
* じゃがいも
でした。
ほとんどが種から、じゃがいもについては種芋から植えていきます。

種蒔きの様子。にんじんの種って本当に小さいんですね。

ここに集まったいろいろな世代の参加者が、コミュニケーションしながら土いじりする光景は、それはそれは豊かなものでした。

-マルシェも同時開催


この日のコンテンツは、畑作業だけではありません。
区内のお店を呼んだマルシェも、にぎわいづくりに一役買っていました。

西尾久の「+h cafe(アッシュカフェ)」さんのシトロエントラック。

定番のタルトタタンも人気でしたが、厳しい寒さから、ホットコーヒーやクラムチャウダーが飛ぶように売れていました。

パウンドケーキなど、イベントを彩る様々なお店が出店されていました。

-今後の展開


ここで植えられた野菜たちは、モクミラと畑を耕すプロジェクトチームのメンバーを中心としつつ、有志の区民によって構成される緩やかな集まり「ハーベストレンジャー」によって育てられていきます。
畑作りを通じて、町内会の範囲を超えたコミュニティが作られていくことは、災害時の共助という目的にとどまらず、荒川区での生活をより楽しくしてくれそうですね。

イベントを通じて起こる新たなコミュニケーション。

区民と区役所との間は、カベがあるように思われがちです。
この日はそんなカベを壊すようなコミュニケーションの様子を、たくさん見かけることができました。

公民連携や官民協働といった言葉は堅苦しいものでは全くなく、無理のないところから実現できるのですね。
そんなことを証明する一つの事例が、この取組みであるように感じました。

モクミラFacebookページ
ごきんじょファーミング モクミラA424Facebookページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です