【開店】尾久図書館でひぐらしベーカリーのパンが買えます!

この記事は約3分で読めます。

荒川区内で大好きなパン屋さんの一つ、ひぐらしベーカリーさん。

私が住んでいるところからだと、ちょっと気合をいれて行かないといけない距離にあります。

が、2022年7月5日に尾久図書館にオープンされたというので早速行ってきました。

尾久図書館なら我が家から徒歩で行ける距離。駐輪場側の入り口から入るとすぐ左横にありました。

尾久図書館内ひぐらしベーカリー

準備中の時にも何度も尾久図書館には行っていたはずなのに、まったく気が付かなかった。(泣)

私が行ったのは、お昼を過ぎた時間。

写真撮らせてもらってもいいですか?と尋ねると、店員の方は申し訳けなさそうに。

「今は少ない状態なんですよ。」と言われました。

ひぐらしべーかりーのショーウィンドウ

なんでも、搬入は朝の一度だけ。

なので一番多くパンが並んでいるのは、朝一なのだとか。

そのあとに補充もしないので夕方近くは、ほぼパンは売り切れ状態なんですって。

なるほど、そういう事なのか。

それでも、私はひぐらしべーかりーのパンが食べれるだけでよかったので目についたパンをテイクアウトしてきました。

一つは、「あらかわ薔薇のパン」。尾久図書館限定と書かれちゃ、買わないわけにはいかないですよね。

あらかわ薔薇のパン

持ち帰りに薔薇がつぶれてたらどうしよう?って不安でしたが、しっかりとパックに入っていたので無事でした。

ちょっとパックがつぶれてたけど(汗)

この薔薇の花びらはりんごで作られています。芸術品ですよね。

中にカスタードクリームが入っていて、りんごの酸味とカスタードの甘味が合わさっておいしい。

リンゴのシャキシャキっとした食感もなんとも言えません。

 

そして、もう一つ。目についたのがこの「ねじりパン」イラストがかわいくないですか?(笑)

ねじりパン

ひぐらしべーかりーの食パンを使って作っているとかで、もちもち食感が特徴だそうです。

ポップにアレルギー表示があるのは嬉しいですね。

見た目は普通のねじりドーナッツって感じですが、食べたら本当にモチモチ。

息子に半分取られたのですが、息子の目が大きくなり「モッチモチッチー!これ米粉かなんか使ってるんちゃう?」って分析してました。

どちらも美味しかったです。

 

支払い方法はキャッシュレス対応。

レジ前

 

店内は、カウンター席とテーブル席そしてテラス席がありました。

ひぐらしべーかりーの店内

ゆいの森のように、借りる前の本の持ち込みはできないそうです。

しかし、借りた本を持ち込みはOKだそうです。

 

ドリンクメニュー

 

ドリンクメニューも充実していたので、今度はゆっくりとコーヒーをいただきながら読書しに行こうっと。

 

<店舗情報>

  • 店名:ひぐらしベーカリー尾久図書館店
  • 住所:東京都荒川区東尾久8-45-4 尾久図書館1階
  • 電話番号:03-4400-8454
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 定休日:月曜日(月祝の場合、翌火休み)、第2木曜日
荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です