日暮里のホテルラングウッドでテレワーク応援のデイユースプラン発売開始!

この記事は約2分で読めます。

荒川区の玄関口であり、京成スカイライナーなどを通じた世界への入り口でもある日暮里駅。

そのランドマーク的な存在の一つと言えるホテルラングウッド。
ビジネスホテルとしての利用の他、日暮里サニーホールやバンケットホールなどもあり、イベントや会合、食事会などでお世話になった荒川区民は多いはず。

そんなホテルラングウッドもコロナ禍により一時休業を余儀なくされましたが営業を再開。
9月からはテレワークの方などを応援するデイユースプランの発売を開始しました。

ホテルラングウッド公式ページ

長期に渡る慣れない在宅勤務でなんとなく気分が塞いだり、だれてしまっている方も多いはず。
荒川区内で気軽に気分転換しながら集中して仕事ができる環境がもらえるのは嬉しい!
ということで、ちょっとお部屋を覗かせてもらいに行ってきましたよ。

駅前の雑踏からホテルに一歩入ると綺麗なロビー。
この瞬間からパリッと気分を整えてくれるのもホテルのいいところですね。

レセプションはソーシャルディスタンス。

カウンターには飛沫防止カーテンと、コロナウイルス対策ばっちりです。

デイユースプランで提供されるのはスタイリッシュ・シングルと、スタイリッシュ・ツインの2タイプのお部屋。
10時から22時までの間で最大6時間と、長時間の利用が可能なお得なプランです。

客室階は落ち着いたトーン。

スタイリッシュ・シングルの部屋(3900円〜)は14㎡とビジネスホテルにしては少し広めの間取り。

シンプルな作りですがWiFi完備に空気清浄機もあり、ちょっとした気分転換には申し分ありません。

もちろん冷蔵庫もありますので、館内の自販機や近くのコンビニなどで飲み物などを買っておけばゆっくり仕事ができそうです。

南側の部屋の窓からは眺望も良くていいですね。

スタイリッシュ・ツインの部屋はなんと広々28㎡!

料金は5400円〜と、この料金でこの空間を独り占めして仕事ができるなんてプチ贅沢気分です。

もちろん電源とれます。
USB電源はありませんが、携帯電話の充電アダプターなどは受付で貸してもらうことができます。

デスクとテーブルがあるので、仕事は広々としたデスクで、休憩したり食事の際はテーブルで、といった感じで使い分けもできそうですね。

ユニットバスのトイレはウォシュレットタイプ。

疲れたら広いベッドで仮眠も。
気持ちよく寝過ぎてオンラインミーティングに遅刻しないように注意が必要ですね^^

1日集中して気持ちよく仕事をしたら、せっかくの機会なので、そのまま館内のレストランに家族や友人を呼んで食事などをするのも良さそうですね。

デイユースプランの提供は、コロナ禍の影響を見つつ、いったんは12月最終週までの発売を予定しているそうです。
この機会にぜひ利用して、リフレッシュしてみてはどうでしょうか?


<施設情報>

*ホテルラングウッドには駐輪場はございません。自転車でお越しの方は日暮里駅の駐輪場などをご利用ください。
*プランは変更になる可能性があります。最新情報はホームページをご覧いただくか、ホテルまでお問い合わせください。


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です