図書館に本を寄贈してみませんか?

この記事は約2分で読めます。

みなさん読んでしまった本をどうしていますか?

本棚に並べて保存してるよ
フリマアプリに出品している
捨てちゃってる。

本棚に並べてる、フリマアプリで売ってる、捨てちゃってるって言う方が多いのではないでしょうか?

ココで、もう一つの方法をご提案します!

 

図書館に寄贈するという方法です。

 

私も本が好きでよく買います。が、そのあとの保存方法が困ってしまいます。

ずっと本棚に並べて置けるのが理想なのですが、限られたスペースなかなかそうはいきません。

本を捨てるというのは抵抗があります。できればまだ読める本他の方に読んで欲しい。

といって、フリマアプリで売るのは手間ひまがかかって仕方がない。

そんな時、図書館に寄贈するという方法を思いつきました。

 

図書館に本を寄贈するのってどうすればいいのでしょうか?

いくつか決まりがあります。

 

以下の本は寄贈できません。

(1)汚損(変色、水濡れ、汚れ、書き込み等)した資料

(2)発行後概ね3年を経過した資料(ただし、荒川区の地域資料は除く)

(3)教科書、参考書、問題集

(4)雑誌

(5)百科事典

(6)完結していないコミック

(7)自伝等の自費出版資料

(8)アイドルの写真集

(9)ビデオ、DVD

(10)その他、中央図書館長が不適当と判断した資料

 

実際に本を持って行ってきました。荒川区内のどこの図書館でも受け付けています。

本は重いので近くの図書館がお勧めです。

窓口で本を渡します。

その時に「使えない本があればこちらで処分させていただきます。」と言われました。

それはそれで仕方がないと思ったので、お願いしました。

 

本を捨てるより、再利用できるのであれば図書館の寄贈と言うのも一つの手ですね。

 

図書館で借りた本の末ページにこんなハンコが押されれているのを見たことありませんか?

私が寄贈した本もこのようにハンコを押されて、読まれていると思ったら嬉しいですね。

詳しくは荒川区図書館のHPをご覧ください。

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です