東京オリンピック、荒川区はカリブ海の王国アルバのホストタウンだった!

この記事は約1分で読めます。

東京オリンピック・パラリンピック。
荒川区もその参加国のホストタウンになっているということを皆さん知っていましたか!?
はい、私は全然知りませんでした!

荒川区がホストになっているのは、南米のカリブ海の島国、アルバ!
そのアルバの紹介展示が荒川区役所の1階ロビーで行われています。

アルバって知ってますか?
オランダ王国を構成する国の一つで高度な自治が認められた王国なんだそうです。
恥ずかしながら全くアルバのことを知りませんでした。

アルバは人口112000人。面積189平方kmの島国です。
山手線の内側の面積が63平方kmなので、それをちょうど3つ足したぐらいの広さということになりますね。

とりかく写真が綺麗!
合言葉は、「One Happy Island」らしいですよ。
こんな綺麗なカリブの国から荒川区に選手がやってくるんですね。
このホームページ見て思いました。今すぐ行きたい。

アルバ政府観光局の公式ホームページ

この国では夏のカーニバルは2ヶ月間も実施されるんだとか。
5月から7月にかけてずっとお祭りをしている荒川区と共通部分が見えてきました笑
紹介パンフレットもあったので気になった方はぜひ手に取ってみてください。

紀元前2500年ぐらいにベネズエラから渡ってきた「アラワク族」の方が先祖だという島国。ちょっと「荒川区」に似た響き。
カリブ海のようにビューティフルというわけにはいかないかもしれませんが、無事オリンピック・パラリンピックが開催されたらぜひ大歓迎したいものですね!
いつの間にか動画も作成されていました。

頑張れアルバ!
今から親近感湧いてきました〜

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です