第14回トピック展示「吉村昭と太宰治賞―55年前の出発点―」

この記事は約0分で読めます。
日時:
2021年6月18日 @ 9:30 AM – 2021年9月15日 @ 8:30 PM
2021-06-18T09:30:00+09:00
2021-09-15T20:30:00+09:00
場所:
ゆいの森あらかわ 吉村昭記念文学館2階常設展示室 著作閲覧コーナー
日本、〒116-0002 東京都荒川区荒川2丁目50−1
参加費:
無料
お問い合わせ:
ゆいの森あらかわ 吉村昭記念文学館
03-3891-4349

【2021年8月31日まで!】

日本近代文学館所蔵、『人間失格』の自筆原稿を期間限定で展示しています。

吉村昭は昭和41年(1966)に「星への旅」で第2回太宰治賞を受賞して、文壇デビューを果たしました。今年は、デビューから55年目の節目の年にあたります。これを記念し、太宰治賞に焦点を当てた展示を開催いたします。

会期


令和3年6月18日(金)〜9月15日(水)

※太宰治自筆原稿「人間失格」の展示期間は、7月1日(木)〜8月31日(火)
※7月15日(木曜)、8月19日(木曜)、9月3日(金曜)は休館

会場


吉村昭記念文学館2階常設展示室 著作閲覧コーナー

>>詳しくは吉村昭記念文学館、公式webサイトにて

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です