公園で遊ぼう!大人も楽しい「荒川冒険あそび場」@西日暮里公園

この記事は約3分で読めます。

実は大人が楽しい公園 「荒川冒険遊び場」、略して「あらぼう」。

西日暮里駅から徒歩3分、東京メトロ千代田線の道灌山方面出口を出てすぐ左へ。 諏訪神社へ向かう坂を登りきったところに西日暮里公園があります。

意外と坂道が急です。 交番がある広い道路側からは階段で登って公園に行くこともできます。

平日の昼間は近くの中高生がファストフードを食べていたり、営業の合間に一休みしにきたサラリーマンがコーヒー片手に、スマホを片手に、なんて姿も見られる。 時々、篠笛や手作り尺八など楽器の練習に来ている人たちもいたりする西日暮里公園。

少し前に堀北真希さんが出演する東京メトロのテレビCMでも 子供たちが遊んでいる様子が流れてましたね。

実は、CMで流れていたのが、毎月第2日曜日に開催されている「荒川冒険あそび場」。 地域のボランティアや学生で運営されているこのイベント。プレーパークといったほうがピンとくる方もいるかもしれません。

プレーパークとは、ウィキペディアによると「従来の公園、既成のブランコ、シーソー、鉄棒などがあるようなお仕着せの遊び場と違い、 一見無秩序のように見えて、子供たちが想像力で工夫して、遊びを作り出すことの出来る遊び場。」とのこと。

東京都世田谷区の羽根木プレーパークがオープンして、この言葉が日本でも広く 知られるようになりました。子供の安全の確保のために指導員を置いたりすることもあります。 もともとは、ヨーロッパの都市の子供のための公園で、古タイヤを積み上げたりしただけで 遊び場として提供するといった動きが出てきて、そういったものに見習ったもののようです。

木と木の間にロープを張って綱渡りしたり、高い木にロープを掛けぶらんこを作ったり木登りをしたり。

活発に動き回る子や、ハンモックに揺られてのんびりする子もいたり。

「荒川冒険遊び場」に何度か参加して、子供はもちろんだが、大人でもかなり楽しいんです。 スタッフの人たちに話しかけ、遊び方を教わったり、仲間に入れてもらったり、勝手に 好きなことをやり始めてみたり。 スタッフといっても、近所の人だったり、子供たちの親だったり。中には保育士や 保育士をを目指す学生、学校の先生もいます。 近くで働いている私は、街中でスタッフや一緒に遊んだ人たちに会えるとなんだか嬉しくなります。

アウトドアの達人にロープの結び方を習ったり、ナイフやのこぎり、金槌の使い方を教えてもらい、竹トンボを作ったり、ただただ木を切ってみるのも子供たちには楽しいようす。 夏には本格的に材料を用意してツリーハウスを造ったりもします。 すぐに解体してしまわなければならないので残念ですけどね。

そうめん流しや、泥んこになって水遊びも。帰りがちょっと大変だけど(^^;

年明けにはお餅つき、雪が降ったら雪合戦やかまくらも作ったことがあるそうです。 春には桜の花びらを集めて花吹雪してみたり、秋は落ち葉で遊んだり、藍染体験してみたり。 天気や季節に合わせていろんな遊びができる場所。自分たちで考え、好きな遊びを創る場所。

「こどももおとなも本当にやりたいことを、心に響くものを自分の力でやってみる。 ぼくのわたしのちからを信じてみる。」

本当にそう、子どもたちは遊び方を勝手に考えることができる。大人は最初に少しだけ手伝いをして 、後は危ない目に合わないように見守ってやるだけでいいんじゃないかと思う。 大人も思いきり楽しんでいる姿を子供たちに見せていれば、それを見ていつの間にかまねできるようになるし。だから悪いこと、あまり危険なことは見せないように。

スタッフの方からのコメントです。

「『荒川冒険遊び場』はどなたでも参加OKです。 ちびっ子&大きなガキ大将募集中☆ ボランティア冒険スタッフを募集しています。 お仕事は。。。一緒懸命あそぶだけ! お待ちしております。遊び場の風景をブログで報告しています『あらかわ冒険遊び場日記』。」

とのこと。

まだお西日暮里にやってきたばかりの頃、この西日暮里公園を改修工事して新しくしようという案があがっていたことがあり、その説明会になんとなく行ってみたことがあります。会場が近かったのでほんとに なんとなく。ホームレスが多くいたり、木々がうっそうと茂って薄暗く、利用者が少ないということが理由だったと思います。

木々を間引き、明るく空が見えるようにして、子供たちが遊べる遊具や、小山を作ってみたりという 図面なんかも見せてもらいました。私はその時、公園のことも地域のことも何も分からない状況でしたが、ほかの参加者の方々がこの公園を、自然を守りたいと一生懸命にお話しされている姿がとても印象深く記憶に残っています。 それから5年以上は経つと思いますが、公園はまだそのままです。

私も行けるときだけ、スタッフのような、ただの参加者のような参加の仕方をしていますが、そんな形でも全然OKです。 山手線内でこんなに駅の近くで自然に触れ、遊べるところはなかなかないんじゃないかな。 お近くの方はぜひ一度、元気な公園をのぞきに行ってみてはいかがでしょうか。


荒川冒険あそび場の会

毎月第2日曜日開催。西日暮里公園にて、10時〜15時。参加費無料。

Email: arakawabouken@gmail.com


 

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です