都立竹台高校の新校舎の工事が着々と進んでいます

この記事は約1分で読めます。

来年創立80周年を迎える、都立竹台高校。

現在、これに合わせた新校舎の建築が急ピッチで進行中です。

新校舎は、もともと校庭と体育館があった場所に建てられ、完成したら現在の校舎の部分が校庭に変わる計画となっているようです。
完成は2021年7月。来年の今頃には完成しているということですね。

(竹台高校ホームページより)

(参考)竹台高校ホームページ 新校舎建設計画

正門は今とは真逆の、南東側に設置される模様。

現在の正門の反対側

完成までの間は、現校舎でそのまま授業が受けられるので生徒にとっては快適でいいですね。

工事中は旧校舎で授業を継続

竹台高校のホームページには建設日記なども更新されているので興味のある方はのぞいてみてください。

このあたりは新築のマンションが複数同時並行で建設中。
3月にはライフの新店もオープンし、7月にはこの新校舎も完成。
新しい学び舎も、多くの学生で賑わいそうですね。

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です