夏休み子ども博物館に参加しませんか?「寄席文字」「勾玉作り」など

この記事は約1分で読めます。

荒川ふるさと文化館では現在、「夏休み子ども博物館」の参加者を募集中。

ふるさと文化館館内

まだいくつかの講座は空席があるようですのでこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

講座の様子

■勾玉(まがたま)作りにチャレンジ
縄文時代の人びとの暮らしを勾玉作りから体験しよう。作ったネックレスは持ち帰れます。
日時:8月18日(火曜日)(1)午前9時から11時まで (2)午後1時から3時まで(いずれか1回)
講師:八代 龍門 先生
対象:区内在住・在学の小学4年生から中学生 ※親子で参加できます
定員:各回10人(申込順)
費用:500円(材料費)

■寄席(よせ)文字をかこう!
日時:8月30日(日曜日)(1)午前10時から11時30分まで (2)午後1時30分から3時まで(いずれか1回)
講師:銘苅 由佳 先生(寄席文字)
対象:区内在住・在学の小学4年生から中学生
定員:各回4人(申込順)
費用:500円(材料費)

寄席文字なんて書けるのかなあと思って少し問い合わせてみましたが、職人の方にちゃんと教えてもらえるので、日頃書道を習ったことのない子どもでも書けるのだそうです(海外での実績もあり)。

予約は電話受付のみ。以下のリンク先より、ふるさと文化館にご連絡を。
この夏は、荒川ふるさと文化館「夏休み子ども博物館」へ行こう(荒川区ホームページ)

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です