3代目レザーアート職人:カットスタジオ イイヅカ

この記事は約3分で読めます。

友人伝いに、自由自在にレザーを操りオリジナルのヘアスタイルにしてくれる、そんなレザーアートの施術を行ってる床屋さんが町屋にあると聞きつけたので、
一体レザーアートとは?そしてその魅力を取材しに行きました。

JR町屋駅(西日暮里方面の一番前の改札口)から徒歩5~6分、、、住宅街をくねくねと道沿いに歩いていると、
右手に立派なレンガづくりの建物が見えてきました。
「カットサロンイイヅカ」です。

カットサロンイイヅカ①

この日、常連のお客様がいらっしゃり和やかな雰囲気の中、
快く取材させていただきました。
取材に答えてくださったのは店長の飯塚隆司さん。

– さっそくですが、レザーアートの魅力について沢山教えてください。

「なんでレザーアートをやっているかというと、派手なのが単純に好きだからっていうのがあるね。結構いますよ。祭事や忘年会、パーティーなんかでレザーアートをやってほしいという需要は多いですね。」

カットサロンイイヅカ②

「お客さんにデザインを持ってきてもらって要望によって答えていくんだけど、作り方は毛髪の部分を浮き出すか剃ってデザインを出していくかの2通りあるんですよ。」
と2つの作品をウィッグで見せてくれた。

カットサロンイイヅカ③

すごい!! これは、、、ゴルゴ13です。

– 結構細かい作業ですよね?

「難しいものだと30分~1時間くらいかけて、
バリカンでではなくて、レザー(剃刀)をつかって作っていくんだよね。
これは理容師の特権なのでやっています。」

そう。美容師免許と理容師免許ではお客様に対してできる施術が違うのです。
飯塚隆司さんはレザーアート技術が評価され、今では理容師の会合などで講師なども務めており、
現場を離れても理容師としての可能性を広げご活躍されています。

理容専門雑誌にもこの通り。

カットサロンイイヅカ④

– お店のことを少し聞いてもいいですか?
もう勤務されて長いのですか?

「親のお店をついで、それで自分は3代目。55年目になるね。自分は23年目
おじいちゃんの代からやっているよ。」

– なぜこの世界にはいったのですか?

「きっかけは元気が出るテレビをみてラインが3本入ってるダンサーがいて、
ちょうどダンスブームでみんなでダンスやったりしてて、
ヘアのスタイリングも好きだし。というのでこの世界にはいっていったって感じかな~。」

– お客様はご近所の方が多いですか?

「そうだねぇ。子供はいっぱいきます(笑)。あとはここの3席をご家族で利用してくれたり。
同級生も多いけど、おじいちゃん、息子、その子供の3代で来てくれてる。」

現場ではお父様と隆司さん、そしてお母様も時々お店に立っているのだとか。
一家でアットホームな運営も人気の秘訣なのだなと感じます。

カットサロンイイヅカ⑦

– 近年の床屋事情、聞かせていただいてもいいですか?

「低迷してる業種だけど、ここ5年くらいはブームになってるかな。
顔剃りがまたきてて、かっこいい床屋さんが増えてきてる。」

都内や横浜地域には、スーツを着てジェントルマンなバーバーショップも増えているのだとか。

– 美容室と理容室のサービスはやはり顔剃り?ですよね。

「あとはシャンプーがちがう。」
とシャンプー台見せてもらいました。
セット面に隠れていて、登場にびっくりしました。

私自身、小学生の頃は床屋に通っていたのでどことなく
懐かしい雰囲気に包まれました。
(そういえば、顔を下にして頭洗ってもらっていたような、、、)

「床屋は昔からよく言われてきてるのは”いいとことこやの縁の下”と言われてて、
昔は暑い夏に涼みに来たり、店主と話しに来たりとか、お茶飲みにきたりとか。
たまにうちも髪切らないのに、お茶して帰る人もいるね(笑)。」

世間話や身の上話をして、床屋に行けば浮世が分かるような、
交流の場というのは、昔から変わらないのかもしれませんね。

– これから何かチャレンジしたいこととかはありますか?

「お店を全部直したい。
外のレンガはおじいちゃんがロンドンのバーバーショップをイメージして作ったので、
気に入ってるんだよね。なんでもありな感じのHIPHOPな感じもあり。そんなお店にしたいかな。」
と、リニューアルが展望にあるとのこと。
新旧が心地よくミックスされたお店づくりが楽しみですね。

カットサロンイイヅカ⑥

取材をさせていただいているときも、
常にウェルカムスタイルの隆司さんのお人柄から、
日々癒しと安心感をお客様に与えているのだなと感じました。

– 飯塚さん、荒川102の読者に何か特典はつけていただけますか?

「そしたら、眉カット・眉剃り・愛情込めたマッサージをいつもより
長めにいたします。」

ホスポタリティの高い飯塚隆司さん。
これからも頑張ってください!

今回は取材させていただきありがとうございました。


<店舗情報>

  • 店舗名:カットスタジオイイヅカ(C.S.I)
  • 住所:東京都荒川区荒川6-30-6
  • 電話番号:03-3892-7884
  • 営業時間:9時~19時
  • 定休日:毎週月曜と第2・第3火曜日

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。> 「荒川102取材マップ」


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です