町屋の小店と愉快な仲間たち ~ 花やMOMOさんが繋ぐ ~(コミカレ生寄稿)

この記事は約2分で読めます。

※この記事は、荒川コミュニティ・カレッジ(通称コミカレ)の授業の一環として、現役コミカレ生から寄稿いただいた記事となります。

(記者:入谷昭子さん)


町屋駅から隅田川方面へ歩き、荒木田交差点の一つ手前の信号を右折し、一つ目の十字路を右に入ったところにある、花やMOMOさん。お店を構えて5年になる。

営業は金・土・日で、第二火曜日にはフラワーアレンジメントのワークショップをやっている。

店主の大竹ミキさんは、大手生花店で主にバンケットルーム等の生花アレンジをなさってきた方で、生花を仕入れて販売するだけでなく、花束などの注文が多い。差し上げる相手の年齢や様子・好みなどを聞き、予算に合わせてその方にあった花束を作る。そのセンスの良さが人気を呼んでいる。

クリスマスには生木で作るクリスマス・リース、年末には正月用お飾りを手作りするなどのワーク・ショップも好評だ。
 

「MOMOの小屋」開店


そんな花やMOMOさんが、東尾久に「MOMOの小屋」を開店する。開店といっても、花屋としてお店を開くのではなく、いいことや楽しいことに使うための小屋だそうだ。

「花や木などの自然、そして私たちも健やかでいられる暮らし方を見直す場にしたいのです。」と大竹さんは言う。「今は便利なものがあって当たり前だけれど、無農薬や有機栽培だけでなく、種から見直しましょう。」

荒川区エコセンターで月2回フラワーアレンジメントをやってきたのがキッカケとなり、シード・マイスター講座に通い、種の違いから、できた野菜などの味や食感など実際に体験しているとのこと。

「農家の方が自分の家用に作る野菜があり、それは今の流通にのってません。そこから採れた種、自家採取というのですが、それに拘ってみませんか?」体にいいものを取る!ということに賛同する仲間が集いイベントを開催するという。「それは、口にする食べ物だけでなく、心にも同じことが言えるので、食べ物だけでなくアートなども取り入れます。」
 

「クラシノmarket」開催


ゴールデンウイーク中の5月2・3日に、東尾久6丁目のMOMOの小屋にて、国産小麦に拘ったパン屋さん、手作り石鹸のお店、セラピーやおはなし会など、盛りだくさんのイベントが開催される。

イベントの内容は日によって違うので、詳しくはFacebook:町屋の小店と愉快な仲間たちをご覧ください。

<仲間たちのお店>

 麻麦Bakery

東尾久5-8-6(地図)

 熊野前商店街アクト21の少し先。小麦粉、野菜、肉など、全てにこだわりのあるオーガニックカフェ。
 mango bazar
町屋1-8-8(地図)
 町屋1丁目にあるアジアン雑貨のお店。天然石を糸で編みアクセサリーにするマクラメも紹介している。
 STRAWBERRY MOON
町屋6-20-6(地図)
 町屋6丁目の住宅街にあるカワイイ雑貨屋さん。気さくなご主人とのおしゃべりも楽しい。(今回のイベントには出店してません)
喫茶フェルメール
東尾久6-16-22(地図)
 大門小学校正門そばにある喫茶店。家庭的な雰囲気のお店に、多趣味なお客さんが集まっている。(出店しません)

 


<店舗情報>

店名:花やMOMO
住所:〒116-0012 荒川区東尾久6-8-9


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です