見てるだけでお散歩気分!西尾久・東尾久に手書きのテイクアウトマップ

この記事は約1分で読めます。

荒川102でも荒川テイクアウトマップをご提供してますが、デザイン的には正直ちょっぴり味気ないかもなあ?

なんて思っていたら、西尾久・東尾久エリアでテイクアウト可能なお店を集めた、素敵な手書きのマップの配布が開始されていました!

パステル画のような優しい色彩で、楽しいイラストや漫画、不思議な物語(?)などが満載。
あらかわ遊園など、地域のシンボルマークもたくさん書かれていて、見ているだけでも尾久を歩いているかのようにワクワク。

荒川車庫には都電が整列!

料理もかわいいイラストで書かれているのですごくイメージが湧きますね。
「今日はどこの料理にしようかな〜」と家族みんなでお店を選びたくなります。

美味しそうなピザ^^

こんな楽しいマップを作ったのは、西尾久の天ぷら屋「天ふじ」(Facebookページ)の長沼美香さん。
Facebookで呼びかけ、情報収集に1週間、制作には2週間をかけられたそうです。

テイクアウト含めコロナウイルスによる騒乱の中、様々な立場の方がそれぞれの意見を持ち、中には批判しあったり、言い合いになることもあるご時世。

そんな自粛生活の中、「ご近所のお店のテイクアウトが何よりの楽しみであり、力の源になっていました。それをまとめたら絶対良いものになる!と思い、作成しました。」とのこと。

普段から絵を書くのは好きだという長沼さん。マップの作成にあたってはどの情報をどこに描くか悩むとともに、「見た瞬間に気持ちが明るくなるような色合い」を意識したのだそうです。

地元絵本作家の四コマ漫画や不思議な物語も。

マップの絵、文章はごご自身で企画されたほか、4コマ漫画はご近所の絵本作家さんにお願い、データ化は「おだい通」を発行する梅の湯さんにお願いするなど、近所の様々な方の思いが込められたマップです。

長沼さんは、「手にした人が、シールやポストイットなどで上書きして、それぞれの使い勝手の良い地図にしていってくれたら嬉しいです。」とのこと。

マップ掲載店等にて配布されていますので、見つけたらぜひ手にとってみてください。

マップを通じて新しい縁がつながり、災害に負けない町になっていくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です