荒川銭湯巡り:その四 – 鴻の湯

この記事は約1分で読めます。

銭湯に行くのにいい季節になりました。

せっかくお風呂で温まっても帰り道には冷えきってしまうような季節は嫌だし、 銭湯の帰り道に汗だくになるのはせっかくさっぱりしたのにもったいないしなぁ、、、なんて考えるとこの時期はとても過ごしやすいのです。

このような話を友人にしたところ「銭湯を出たときにキュッと体が締まるぐらい 寒いのがいいんだよ」と言われました。みなさんはいかがでしょうか?

今回紹介するのは東日暮里にある「鴻の湯」さん。

代々お風呂屋さんをやっていて東日暮里に越してきて65年。

「創業年は親戚に 聞いてもわからない。もうみんな亡くなっちゃったからねえ」と話すのは、この地では2代目になるおかみさん。現在は3代目になる二人の息子さんと3人で切り盛りしています。

「鴻の湯」のお風呂は約42度。腰痛や肩こりに効くバイブラバス、ボディージェット。マッサージ効果抜群のハイパワーエステバス。寝風呂、立ちシャワーがあります。

無料のリンスinシャンプーとボディーシャンプーを完備(販売もあります)、貸しタオルもあるので手ぶらでぷらっと立ち寄れるのが魅力です。

お庭の雰囲気を味わうなら木漏れ日がきれいなちょっと早い時間がいいのかな?

男湯はイロハモミジ新緑の5月中旬から、紅葉の12月初旬がオススメ。

女湯はピンクの椿がきれいな3月中旬がオススメです。

シンプルで明るい脱衣場です

マッサージ椅子

お客さんの憩いの場、待合室です

これだけ大きなお風呂の心臓部を見せてもらいました。 「いろいろやることも多く、維持していくのが大変ですけど、お客様に喜んでい ただけたらうれしいです」と3代目。

とても音が静かなボイラー。


<店舗情報>

店名:鴻の湯
住所:荒川区東日暮里2-20-10
電話:03-3801-3011
※今月の親子ふれあい入浴は、6月20日(第三土曜日)。親子(孫も)で来たら無料です。


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です