荒川区西部のお花見スポット – [こち荒] vol.6

この記事は約3分で読めます。

「こちら荒川遊園地前が事務所」、略して「こち荒」。

3月に入っても寒い日が続いていましたが、後半になってやっと暖かくなってきました。 近所の植え込みにも鮮やかな色彩が増えてきました。そろそろ桜の季節ですね。

事務所のある荒川遊園地前を中心にお花見できそうなスポットがありますのでご紹介します。

1

荒川遊園地前〜あらかわ遊園地の遊歩道

 

まずは、荒川遊園地前からあらかわ遊園地までの遊歩道。

しばらくの間、隅田川からの永久水利の工事で通行止めになっていましたが、3/9(日)に完成式典が行われ、 通行できるようになりました。

道路側に桜が植えられています。またこの時期、ぼんぼりが吊るされますので夜桜も楽しむことができます。

2

量は多くないですが、直線道路に沿って植えられているので抜けの良い場所からだとなかなかきれいです。

夜の様子。ぼんぼりが設置されます。
夜の様子。ぼんぼりが設置されます。

あらかわ遊園地の裏手

 

次にあらかわ遊園地の裏手。あらかわ遊園地内の芝生広場と隅田川堤防沿いに植えられています。

昼間であれば遊園内でも楽しむことができますし、夜も街灯があります。 隅田川沿いで水面に写る灯りと桜を楽しむことができます。

あらかわ遊園の観覧車と桜
あらかわ遊園の観覧車と桜

 

街灯があるので夜でも楽しむことができます
街灯があるので夜でも楽しむことができます

 

小台橋から望むあらかわ遊園周辺
小台橋から望むあらかわ遊園周辺

尾久の原公園

 

さて、次にご紹介するのはシダレ桜が多く植えられている、尾久の原公園。

しばらく土壌汚染の影響で閉鎖されましたが、昨年よりエリア限定で開放されています。昨年中止された、シダレ桜祭りも今年は4/5(土)に行われます。

公園内には200本近くのシダレ桜が植えられています。ソメイヨシノよりも少し先に満開になります。
公園内には200本近くのシダレ桜が植えられています。ソメイヨシノよりも少し先に満開になります。

 

夜の尾久の原公園
夜の尾久の原公園

番外編:飛鳥山公園(北区)

 

北区になってしまいますが、この辺りでは有名な飛鳥山公園。

こちらは都内でも桜の名所として挙げられる事が多いので、花見客であふれます。 飛鳥山公園の道路をはさんで反対側にある音無親水公園も多くの桜が植えられています。

飛鳥山公園の様子。桜の名所として有名なので多くの花見客で賑わいます。
飛鳥山公園の様子。桜の名所として有名なので多くの花見客で賑わいます。

また、飛鳥山公園一帯の桜を一望できるスポットとして「北とぴあ(ほくとぴあ)」という北区の施設があります。17階の展望フロアからは、飛鳥山やスカイツリーを見ることができます。また、都電や東北本線、京浜東北線など鉄道も俯瞰で見ることができるので鉄ちゃんにも人気です。こちらは午後10時までと比較的遅くまで開いているのも特徴です。

北とぴあ展望ロビーからの眺め。
北とぴあ展望ロビーからの眺め。

今まで、周辺の桜を撮っているつもりでしたが、こうして見ると昼間の写真が少なくなってしまいました。。。 お花見や行楽の参考になれば幸いです。

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です