荒川ママライフ:キッズアート教室に参加してきました

この記事は約2分で読めます。

以前、子供が寝ている間に洋服やタオルなどで一枚の絵のような写真を撮る「寝相アート」というのをテレビで見たことありました。とても可愛く、手軽にできるのでチャレンジしてみると・・・アイデアが何も浮かばないし、子供は起きるしで全く思うようにいかずにあきらめていました。

そんなときにひろば館で、起きているときに撮影するキッズアートに出会いました。講師の中島涼子先生はベビーマッサージも教えて下さった、とても優しい雰囲気のお母さんです。寝ている間ばかりに着目していましたが、起きている時の撮影はシャッターを切るたびに表情やしぐさも違いますので、撮っていてとても楽しいです。日暮里と町屋でお教室があるということでしたので、早速参加してきました。

私が参加したのは町屋の都電通り沿いにある「自由塾」という会場です。

靴を脱いで入るタイプの会場で赤ちゃんたちもマイペースに遊ぶことができます。おもちゃもたくさんあり、講師の方たちのお子様も参加して遊んでくれました。

「雨の木」さんは撮った写真をその日に現像して、クラフトを作らせてくれます。今回はバレンタインということでギフトボックスとカードを作りました。

次回は春をテーマにウェルカムボードを作成するそうです。

今回は5名の参加者が順番に撮影をしていきました。待っている間はおもちゃで遊んだり、クラフトを作ったり、ご飯を食べたり、制限なく自由にリラックスして過ごせます。もちろん、授乳もおむつ替えもできます。

撮影現場は赤ちゃんのカメラ目線をもらうためとても賑やかでした。「テレビのキャラクターは何が好きですか?」と聞かれ、NHKのキャラクターや、赤ちゃんに人気のアンパンマンなど色々なアイテムで赤ちゃんの気をひきます。

もちろんママのカメラやスマホでも撮影可能です。(先生が撮影してくれたデータは後日いただけるそうです) だいたい2パターンのキッズアートの撮影があります。

撮影が終わってもクラフトを作る時間がたっぷりとあり、「つづきは家で」なんてことにならないのはとても嬉しいことです。子育て中は家でやろうと思ってもそのままお蔵入りすることが目にみえてますからね。

参加者の方に完成品を撮影させてもらいました。

涼子先生(http://ameblo.jp/amenokibaby/)や、とも先生(http://ameblo.jp/g-t-s-mizuno/)たちが自分たちが参加したい教室にしようと考えられたというだけあり、ママにも赤ちゃんにも優しい空間、時間でした。 さらにご兄弟で参加しても料金は1家族設定ですので変わりませんとのこと。兄弟での写真もかわいいですよね。

季節にあったキッズアート&クラフト。とってもオススメです。 日時はブログで発表されるそうです。満員になってしまうことも多いですので、迷っている方は思い切って申込みしてみてください。とても楽しい時間が過ごせますよ。


<店舗情報>


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です