日暮里地域活性化施設「ふらっとにっぽり」の外壁ができてきました

この記事は約0分で読めます。

2020年12月から順次開館予定の「ふらっとにっぽり」。

「地域の皆さんに愛され、地域コミュニティを更に醸成する場所」
「繊維街を訪れた人が楽しみに立ち寄れる場所」
「繊維街の魅力と相乗して地域を活性化する場所」

という3つのコンセプトをベースに、現在日暮里繊維街の通り沿いに建設が進んでいますが、その建物の外壁が見えてきていました。

もともとのコンセプトイメージとは外壁のデザインや色合いが若干異なり、より主張を抑えた感じがします。

地上5階建てとなる予定のこちらの施設。

1階は現在仮事務所となっている日暮里区民事務所が入り、2階は手芸などを楽しめる創作室。5階は高機能な機材を揃えた工房と創業支援施設「イデタチ東京」として開業する予定です。

参考:イデタチ東京にて入居者募集開始

今の区民事務所は少し分かりにくい路地にあるので、まずそれが繊維街のメイン通り沿いに出てくるだけでも利便性があがりますね。

日暮里繊維街の新たなシンボルとなるのでしょうか。
年末からの開業が楽しみです。

荒川区立日暮里地域活性化施設(ふらっとにっぽり)(荒川区ホームページ)

ふらっとにっぽりの場所:

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です