荒川区の愛されキャラ、あら坊が10才になったよー!

この記事は約4分で読めます。

青くて丸っこくコロコロしたあら坊。
ピンクでかわいいあらみぃ。

小さい子どもにも大人気の荒川区の兄妹キャラクターです。

私も最初見たときはなんだこの変な生き物は!?と思いましたが、なんだか、見てるうちにとっても可愛く見えてくる2人。区内のあらゆるイベントにも引っ張りだこのあら坊・あらみぃはどこでも人気者です。
荒川102で開催した「あらかわ都電バル」にも来てくれて、大活躍してくれました。

そんな、あら坊・あらみぃですが、実は、お兄ちゃんのあら坊が、3月にめでたく10才の誕生日を迎えていたんです!

 

・郷土への愛着を高め、区の魅力を発信する役割を担って誕生


あら坊が誕生したのは平成22年。あらみぃが誕生したのはその2年後の平成24年。
区への関心を高め、郷土への愛着を持ってもらうとともに区の魅力を区内外へ発信するキャラクターとして誕生しました。

当時、荒川区はデザイン案を公募。

「大人から子どもまで皆が笑顔になってしまうような、愛らしく、親しみやすい、心和むキャラクター」を、という募集に対して、北は北海道から南は沖縄まで、年齢は5才から95才まで、まさに日本全国の幅広い地域・年代から応募がありました。

当時のデザイン案を見ると、いろんなキャラクターになる可能性があったことを感じられます。

デザイン案の最終決定は区民アンケートを実施。集まった投票は13,419票。
数あるデザイン候補の中から見事1位に輝いたのが「あら坊」。平成22年3月のことでした。

あら坊のデザインは、荒川区の頭文字であるアルファベットの「a」がモチーフ。知ってましたか?

妹のあらみぃは区政施行80周年を景気にさらに区への愛着を高めることを目的として平成24年10月に誕生。
あら坊の作者さんが作ったデザイン案数点の中から区民アンケートで決まったものです。この時集まった投票は14,780票。

区政80周年記念式典がお披露目の場となりました。

 

・あら坊、あらみぃの素顔はこんな2人


荒川区をPRするシンボルキャラクターである2人。
みんなの仕事の疲れを癒してくれて、元気をくれる存在ですね。

あら坊はやさしく元気で、面倒見が良いおにいちゃん。
あらみぃはおちゃめで、好奇心旺盛で活動的な女の子です。

あら坊の特技はもんじゃを焼くことと、誰とでも友達になれること。
あらみぃの得意は、バラをきれいに咲かせること、人を笑顔にすること、だそうです。
優しい気持ちにあふれたキャラクターなんですね。道理で会うと気持ちが和むわけです。

2人が好きなことは、ちょっと面白いですよ。
例えば、あら坊の好きなことには、「隅田川の土手でお昼寝」「おいしいものを探すこと」などがあります。

なんだかお兄ちゃんらしくのーんびり、食いしん坊な姿が見えてきますね。
好きな食べ物はおだんごと駄菓子です。

あらみぃの好きなことには、「絵本を読んでもらうこと」や「おしゃれをすること」などがあります。
甘えん坊で女の子らしくてかわいいなあ。

ところで、あら坊・あらみぃは普段どこに住んでいるんでしょうね?
実はその住所は秘密なんですが、2人とも特別住民票を持っているんです。

青とピンクのかわいい住民票を見ていて気づいたのが、あら坊は世帯主だったということ!

あら坊は一家の大黒柱だったのね。頑張って!

 

・あら坊、あらみぃはどこでも大活躍。ゆるキャラグランプリはぜひ投票を


どこにいっても大人気のあら坊、あらみぃ。川の手祭りなどのイベントでは写真を撮りたいお友達がたくさん来て、長い行列ができます。

2013年には、あら坊が東京ヤクルトスワローズ主催の「東京マスコットコレクション」で審査員特別賞を受賞。ゆるキャラグランプリ2019では過去最高の186位となるなど人気は上昇を続けており、夏休みや年末年始には、たくさんの暑中見舞いや年賀状が2人のもとに届きます。

毎年書いてくれるお友達もいて、あら坊あらみぃも喜んで読んでいます。

荒川区の担当者を通じて2人からのメッセージが来ています。

「今年をもって最後となる「ゆるキャラグランプリ2020」にも参加予定なので、ぜひ投票してください。これからも区民の皆さまにもっと親しんで頂けるようにいろいろなところに登場してがんばりますので、よろしくお願いします。」

 

・楽しい限定グッズは区役所などで販売。グッズ作成も可能


荒川区では、キーホルダー、ポロシャツ・Tシャツ(大人用・子供用)、あら坊ぬいぐるみ、あらみぃぬいぐるみなどのグッズを区役所の地下売店と荒川遊園で販売しています(ぬいぐるみは、ゆいの森あらかわでも販売)。

*令和2年5月22日現在、いずれの施設も休止中です。最新状況は各施設にご確認ください。

また、様々な限定グッズの販売も行っており、2019年の川の手祭りでは3色の水筒を販売しましたが即日完売の人気となりました。

今後も各種限定グッズを販売していく予定とのことで、どんなグッズが出てくるか、楽しみですね。

なお、あら坊・あらみぃは区に申請すれば商標権を無償で利用することが可能です。

新たなグッズの作成を行いたい方はぜひ総務企画課まで相談してみてください。申請書の様式や詳細はHPにも掲載されています。

荒川区では、あら坊・あらみぃを「これからもいろいろな場所で多くの方を笑顔にし、愛され続けるキャラクターに育てていきたい」(区の担当者)とのこと。

町で今年見かけたら、10才おめでとう〜、と声をかけてあげてくださいね。きっとあら坊喜ぶはずですよ。

<担当窓口>
荒川区役所 総務企画部 総務企画課 企画係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です