【開店】小籠包や中国料理のお店上海生煎包が東日暮里に8/5オープン

この記事は約1分で読めます。

日暮里の尾竹橋通りを三菱UFJ銀行から更にライフ方面に少し南下したあたりに、中国料理のお店が8月5日オープンしました。
お店の名前は「上海生煎包」。
その名の通り小籠包や餃子などの包み物を売りにするお店です。

テイクアウトもできますし、店内での食事も可能です。

テイクアウトも可能

店内は簡素でしたが、如何にも上海の街角にあるちょっとした食堂という感じで案外落ち着きます。
小籠包と小ワンタンを頼んでみました。上海焼小龍包は、2個で200円。

こちらのワンタンは普通の器の大きさで全然「小」じゃなくてびっくり。
ワンタンは8個ぐらい入っていますね。これが400円です。

ワカメの入ったスープも美味しく、小腹が空いたな〜〜なんてときにちょうどいい感じです。

中国系のお店ですが日本人でも、一人で入っても、気軽に使える感じですよ。
お値段も安いですね。

日本語は通じますので安心してください。お店に掲げられてはいないのですが、PayPayも使えました(残高払いのみ)。
ちょっと温かいもので小腹を満たしたいな、なんてときにオススメです。


<店舗情報>

  • 店名:上海生煎包
  • 住所:東京都荒川区東日暮里4丁目33 富永ビル1F
  • 営業時間:11:00-20:00
  • 定休日:日曜日


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です