荒川界隈で女1人ちょい飲みのススメ vol.23:おでん屋たけし 日暮里店

この記事は約2分で読めます。

お出汁がしっかり染みた、おでんが恋しくなる季節


女1人ちょい飲みのススメ第23弾。朝晩の空気はすっかり秋ですね。
そろそろおでんが恋しくなってくる季節。2022年5月31日にオープンした「おでん屋たけし 日暮里店」さんにお邪魔し、お出汁がしっかり染みたおでんをいただいてきました。

日暮里駅のもみじばしを降りてすぐのおでん屋たけし

この日は、朝からどんよりした曇り空。気温も25度にも満たなく上着を羽織って出掛けるのがちょうどよい感じでした。
東日暮里辺りを散策し、少し遅いランチを取ろうとフラフラしていたら「おでん」の3文字に釘付けになり、暖簾をくぐりました。
“あごだし”、”鶏だし”の文字に期待が高まります。

とりビーならぬ、とりハイで下準備完了

カウンター席に案内され、まずはハイボールをいただきながらメニューを選びます。
本命のおでんの前に、前菜的なものをいただきたいっ。お刺身もオススメのようなので1品目は決定。もう1品に栃尾揚げをお願いしようとしたら今日は無いとのことなので、次回のお楽しみに。

キラキラと光った新鮮なお魚達

お刺身4点盛りは、少しずつたくさん食べたい1人飲みにはうれしいサイズ。カツオもキレイなルビー色です。そしてメインのおでんの登場。

大根、白滝、はんぺん、ちくわぶ、玉子

私の大好きなおでん種! 2つずつ盛ってあるのがうれしい。

まずは白滝から。からしを付けて一気に頬張る。ツーン。からし付け過ぎた。涙が滲む。あごだしがしっかり染みていておいし~い。

次ははんぺん。茶色く染まった面を見てニヤリとしてしまう。フカフカジュワー。そしてちくわぶ。からしは真ん中の穴に付けてかぶりつく。これまた出汁が染みてておいしい~。でももう少しクタクタになっている方が私は好き。常連になったらお願いしてみよう。

そしてお楽しみの大根は、食べやすいように切れ目が入っています。上にとろろ昆布が乗っているのでお出汁に漬けて一緒にパクリ。染み染み。

さあ大トリの玉子。半分に切って黄身と白身の間にお出汁を入れます。最高です!

空心菜のおでんって珍しい

次は、、、と、鶏だしで空心菜? メニューを見て気になり注文。鶏だしというか鶏白湯スープのよう。出てきたおでんは、おでんじゃない。りっぱな一品料理。空心菜の上には粗目におろしたとろろが乗っています。空心菜の茎の空洞にお出汁が入り込んでいて、箸が止まらない。

これは、次も頼んじゃう。お出汁だけでもおいしくて飲み干してしまいました。
本格的な寒さが来る前に、もう1回来よう。

女性ひとりで入れるハードルの高さ
低い ★☆☆

この日食べたもの
・お通し 220円
・角ハイボール 495円
・刺身4点盛り   528円
・大根  242円
・ちくわぶ 220円
・白滝  220円
・玉子  198円
・はんぺん 198円
・空心菜 242円
※すべて税込み価格

<店舗情報>

  • 店名:おでん屋たけし 日暮里店
  • 住所:東京都荒川区東日暮里5-52-2
  • 営業時間:16:00~23:00(月~金)、15:00~23:00(土日祝)

荒川102の公式SNSをフォローする
Posted in

佐絵子

荒川102で「荒川界隈で女1人ちょい飲みのススメ」の記事を書いてます。 お祭り大好き!お酒大好き!食べるの大好き!オススメの飲食店情報がありましたら是非教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です