荒川まとめ:夏を乗り切る区内の「冷やしラーメン」を厳選紹介!

この記事は約2分で読めます。

暑い夏にはさっぱりとした冷やしラーメンはいかがでしょう?

夏のラーメンといえば冷やし中華と思いがちですが、最近では趣向を凝らした冷やしラーメンを楽しめます。これまでARAKAWA102が取材してきたラーメン屋各点でも様々な冷やしラーメンを出しています。厳選した冷やしラーメンで夏を乗り切ろう!
 

1. トイボックス:冷やしラーメン


まず1軒目は三ノ輪にあるトイボックスの冷やしラーメン(750円)。

「暑い夏でもラーメンの形そのままで楽しんでいただけるよう冷たい麺を作りました。パンチのある煮干しオイルと清涼感のある大葉、みょうがをアク セントに、麺もスープも全て冷たいまま提供しております。」(店主談)

店舗情報はこちら > http://arakawa102.publishers.fm/article/3537/
 

2. ジョニーの味噌:冷やしごま味噌坦々麺



次は同じく三ノ輪、都電の三ノ輪橋駅前にあるジョニーの味噌の、冷やしごま味噌坦々麺。

「一般的に冷やしというとさっぱりとしたものが多いので、当店ではベーススープにゴマ、カキを使用し、コクのある甘さを出しています。自家製ラー油 に山椒を入れ、辛くてしびれる夏らしいさっぱり感を意識しています。麺を通常より柔らかくゆでることにより冷たいスープとの相性を工夫しています」(店主談)

店舗情報はこちら > http://arakawa102.publishers.fm/article/3531/
 

3. 二代目にゃがにゃが亭:冷たいおつゆのさんま香油そば


続いて三河島の二代目にゃがにゃが亭の、冷たいおつゆのさんま香油そば(850円)(*前日よりご用意するため、数量限定の商品となっています)

「温度にこだわっております。当店のスープはコラーゲンが多く、一晩冷やすとゼリー状に固まります。スープに鰹と昆布の合わせ出しを追加し、麺に よく絡むようにとろみを調整しております。とろみの効果でおつゆは最後の一口まで冷たくお召し上がりいただけます。」(店主談)

店舗情報はこちら > http://arakawa102.publishers.fm/article/6304/(※現在、営業時間が9時半から15時に変わっているのでご注意ください)
 

4. 天丸:冷製山わさび天つけ麺


続いて日暮里の天丸さんの冷製山わさび天つけ麺(880円)

「北海道産蝦夷山わさびを使った爽快な辛味が癖になる。 今回のスープは少し日本そばを意識して作りました。 暑くて食欲のない時でも、食べれちゃう、真夏のつけ麺! わさびはあえてつけダレに入れるのではなく、よりわさびの風味を生かす為、麺と混ぜて召し上がって下さい。わさび好きのお客様はわさび増しされる方もいらっしゃいます。暑い真夏の日に是非、召し上がって下さい。」(店主談)

店舗情報はこちら > http://arakawa102.publishers.fm/article/7237/
 

5. 仁ラーメン:坦々冷し中華


最後に日暮里の仁ラーメンより坦々冷し中華(950円)。

「さっぱりした冷し中華の味を残しつつ、白ゴマのコクとラー油の辛味を利かせて食欲の出るように考えました。栄養面や腹持ちもあると思います。」(店主談)

店舗情報はこちら > http://arakawa102.publishers.fm/article/8304/

 

どれも渾身の力作。各店の冷やしラーメンたち、如何でしたか?食べる前からもう涼やかな気分になってきません(笑)?
この夏、爽やかに、涼やかに、そしてパワフルに!区内の冷やしラーメンで乗り切ってみましょうか ^^/

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です