荒川ラーメン紀行:中華そば二代目にゃがにゃが亭(三河島)(※閉店)

この記事は約2分で読めます。

2月号で紹介した三ノ輪ラーメン特集が好評だったので、荒川区のラーメンを紹介する連載をはじめます。
記念すべき第一回目に登場するのは、荒川区のラーメンを一躍有名にしたこのお店、三河島にある 「中華そば二代目にゃがにゃが亭」です。

2010年のオープン以来、地元のみならず、各地よりラーメンファンが集まる話題の名店です。

暖簾をくぐって店内に入ると、座席はカウンターのみの8席ほど。お昼に伺った のですがワイシャツ姿の会社員やご近所の人、真剣にラーメンの写真を 撮って いるラーメンファンの人たちで満席でした。
看板商品である「ワンタンそば、さんま香油入り」を注文します。

にゃがにゃが亭 ワンタンそば、さんま香油入り

鶏がらスープに手打ち製麺の麺をあわせた、昔ながらの懐かしい雰囲気がある醤油ラーメンです。ラーメンに詳しい人は、白河ラーメンのスタイルと言われた方がわかりやすいでしょう。
シンプルながらも各所にこだわりが見え、何度食べても飽きない味になっています。

にゃがにゃが亭 辛み大根そば

こちらは一之江にある先代のにゃがにゃが亭さんの提案でメニュー化した「辛み 大根、ざる中華」。
茹でた後、水で締めた冷たい麺を冷たいつゆにつけていただきます。辛みの効いた大根をお好みで使うことにより、味がきりりと引き締まり、その変化を楽しむことができます。

にゃがにゃが亭 製麺行程

二代目にゃがにゃが亭の中華そばに対するこだわりはいくつかあります。
その中で最も注目したいのは、絶妙な食感の麺。

丁寧に何度も圧をかけていくことにより、消化の良い、しなやかな麺ができます。昼営業と夜営業の間の休憩時間は、ほぼ製麺作業をしているそうで、その「すべてはお客様のため」 という姿勢に職人の魂が見えました。

色紙

壁には多くの色紙が飾ってあります。
店主が影響を受け尊敬するラーメン職人「ちばき屋」千葉憲二さん、「とら食堂」竹井和之さんのサインもありました。

ご夫妻

店主からのメッセージ:
「当店の麺は手打ちの技法に習い、体に負荷の掛からない身体に優しい麺を、機械製麺の3倍近い時間をかけて作っています。生産数に限りが御座いますので、売り切れの際はご容赦くださいませ。駐輪は、他の店舗様、住民様のご迷惑にならないよう、何卒宜しくお願い致します。」


<店舗情報>

  • 住所:荒川区荒川3-61-6
  • 営業時間:水曜日~金曜日:11時30分~14時30分、17時~売り切れまで。月曜、土曜、日曜、祝日:11時30分~売り切れまで
  • 定休日:火曜日 ※当日の営業情報はツイッター@nygnygにて確認してください。

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。>>> 「荒川102取材マップ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です