ジョイフル三ノ輪のタイ料理カフェ&バー アポカリでガパオをテイクアウト

この記事は約2分で読めます。

好きな方なら1カ月に一度や二度(もっと?)食べたくなるタイ料理。筆者は二週間に一回はタイ料理を欲します。グリーンカレー、パッタイ、カオマンガイ、トムヤムクン、ガパオ、挙げればキリがないくらい。

近所にタイ料理屋さんがあるとは気が付きませんでした。

辛いものが大好きなので辛くなかったら常備されている調味料でどんどん辛さを増して味変させて食べるのです。そんな二週間に一回はタイ料理を欲するのに、現在テレワーク中で全然食べられない。タイ料理ロスになっていたところ朗報を編集部の会議中に知り、食べたい衝動に駆られ、ついにテイクアウトの予約をしました。

「タイ料理」という文字を見逃していました。

私の食べたい三大タイ料理のうちの一つ「ガパオ」があるではないかっ!編集部代表の中里の話では、グリーンカレーもガパオも本格的な味付けで満足度高いという評価だったので、グリーンカレーと迷った挙句ガパオを電話注文しました。

ランチ全メニュー制覇するぞ!(ランチメニューは4種ですが、テイクアウトであれば、さらに選択肢が広がります)

受け取り時間30分前からソワソワして仕事が手につかない。10分前になった時に、Skypeで仕事の依頼が来たけど無視して、財布を持ちマスクを装着し家を出る。頭の中で「ガパオ!ガパオ!」とリフレインが止まらない。

私が待ち望んていたガパオはコレだ!

念願のガパオを受け取り、脇目も振らず自宅へまっしぐら。袋から取り出し目玉焼きの黄身の状態、スパイスの香りに鼓舞しつつ、両手を合わせていただく。

白身を付いていたフォークで千切ってそぼろと合わせ一口含みニヤリ。コレよコレ。私の求めていたタイの味。飲み込むのも惜しんでもう一口。おいしいじゃない、うまい!一口目はピリっとしただけだったのが、二口目から追いかけるように辛みが迫る。フォークが止まらない。辛さに程よく染まったら半熟卵を含んで舌をリセットさせ、また辛みと戦う。これぞガパオの醍醐味。気が付けば額と目の下に汗を蓄えていました。

いや、もう言うことなし。次回はグリーンカレーのテイクアウトと決めました。その次はパッタイを辛み増し増しで。

コロナが終息したら、絶対お店で食べるんだから!


<店舗情報>

  • 店名:アジアンカフェ&バー アポカリ
  • 住所:東京都荒川区荒川1-31-7
  • 電話番号:03-5604-5694
  • 営業時間:店内 11:30~20:00 テイクアウト 12:00~21:00
  • 定休日:月曜日(不定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です