夏の北海道を運ぶ西日暮里ぐるぐるジェラートの新作!粋な食べ方もご紹介!

この記事は約3分で読めます。

西日暮里スクランブルの1階にある「ぐるぐるジェラート」は、北海道の契約牧場の店舗以外ではここだけで食べることができるという、店主が惚れ込んだジェラートが牧場直送で食べられるジェラートスタンド。

お店を切り盛りするのは現役大学生でもある鶴元さん、金光さんの2人。

店名の「ぐるぐる」には、ジェラートを「ぐるぐる」だけではなく、ジェラートを核に、町を「ぐるぐる」かき混ぜていきたい、という思いが込められており、ジェラート以外にも「ぐるぐる」ブランドは様々な領域に活動を展開中〜

6月中はコロナウイルスの影響で一時営業中止していましたが7月より再開。
店頭でカップに盛り付けて販売する形態が復活した他、新作も登場しています!

 

北海道の食材と根津のお味噌がぐるぐるマッチ!今すぐ試すべき味噌トッピング


まずおすすめされたのが、根津の味噌商「秋田屋」のお味噌とジェラートのコラボレーション。
ジェラートとの相性が考えられた合わせ味噌になっています。

「これ、ほんと美味しくて。食べてくれた人のほとんどが味噌屋にも行ってくれるんですよ。それが嬉しいんです!」と鶴元さん。

ハスカップとチョコチップのジェラートをぐるぐるしてもらい、その上に、ちょこんと味噌を載せてもらいます。
実はここにはラスクものせてもらっています。このラスクには秘密があるのですがまた機会があればご紹介しましょう。

さて、試食してみます。

「味噌とアイス?」まだ半信半疑の私は、まずはこの西日暮里スクランブルに連日入り浸っているという荒川102記者の橋本さんに味わってもらいます。

「あ、これ好き。」

私も試してみました。

ハスカップとまろやかなお味噌の塩気がねっとりと絡み合い、そして発酵食品の刺激的な香りが突き抜けて、予想しなかった絶妙なハーモニー。。。食べた人がみな味噌を買いにいくのがわかります。私の味覚が撃沈しました。

北海道の食材と、根津のお味噌の掛け合い。これこそが、「町と溶け合う」がコンセプトのぐるぐるジェラートの真骨頂。

まだ、味噌トッピングを試したことのない方は、今すぐ試すべきです。今すぐ!

 

見た目も味もフレッシュ!かわいい新作ジェラートたちで北海道の旬を味わおう〜


次にいただいたのは意欲的な新作たち。
北海道から届いたばかりという旬のアスパラガスのジェラート、チョコミントのジェラート、そして、コーヒーゼリーにミルクジェラートを載せた新作の3点。

まずは気になる爽やかな緑色のアスパラガスジェラート。
一口すくって食べてみて、唸りました!
口の中に、フレッシュなアスパラガスの風が吹き抜けるような感覚。口の中に広大な北海道の草原が広がります。。。

チョコミントはやさしいミントにしっかりビターなチョコの粒がプチプチと混じり合い。。
ふわっと香るミントのナチュラルな清涼感が、よくある市販のものとは全然違います。気分はラベンダー畑。

どれも美味しすぎて、個別に写真を撮るのを忘れる失態。。

みなさんお店で味わってください。

金光さんが試行錯誤を重ねて作り上げたコーヒーゼリーとフレッシュミルクのジェラートの一品は、間違いのないコンビネーション。

コーヒーの上に溶け出していくジェラートを絡めながら大人の味が楽しめます。
上に乗っかったさくらんぼの甘みが見た目にも涼やかで、嬉しいですね。

北海道の食材にこだわったお店には、北海道民なら誰もが知っているガラナ飲料「コアップガラナ」も売ってます。
ジェラートのお供にもぴったりらしいので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ジェラートを軸に、町をぐるぐる回す仕掛けは、地元企業とのコラボにより今もお店の内外で多数進行中。
これからも野心的なコラボ商品や、ぐるぐるの番外編がぞくぞく出てくる予定ですよ。
旬の食材を使った新作ジェラート、ぜひ食べてみてください。


<店舗情報>

    • 店名:ぐるぐるジェラート
    • 住所:荒川区西日暮里5丁目21−1
    • 営業時間:12:00-21:00(月曜定休)
    • 支払:現金、各種クレジットカード、電子マネー利用可能
    • 電話:080-1545-4242
    • Instagram:@gurugurugelato
    • 公式ショップ:https://gggelato.official.ec/


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です