プラレールカフェ子鉄にまた子どもたちの笑顔を!クラウドファンディング実施中

この記事は約2分で読めます。

お子様がいるお母さんお父さんで、お世話になった方も多いのではないでしょうか?
西尾久、都電荒川線沿いに子どもも大人も大好きなプラレールを見ながら子どもと一緒に楽しく食事ができる、プラレールカフェ「子鉄」さんが、クラウドファンディングを実施中。
地域の方の応援を募集しています!

クラウドファンディングを実施中(画像をクリックするとサイトに飛びます)

 

「プラレールが走るカフェ 子鉄」って?


子鉄さんは、ご主人の加藤さんが、ご自身も子育て中に「こんな場所があったらいいのにな」という思いを詰め込んだ、たくさんのプラレールレイアウトを見ながらゆったりと食事ができるカフェ。

プラレールがたくさん!

荒川102でも紹介させていただきましたが、加藤さんだけでなく、プラレール界で有名な方からも協力をいただくなど、たくさんの方の協力もあってオープンしたお店です。
その大きなプラレールのレイアウトは大きな話題となり、遠方からも都電に乗ってお客さんが来る場所となりました。

> 子供の笑顔に出逢いたい!プラレールカフェ 子鉄 – kotetsu – 荒川遊園地前(2016年8月)

食事についてもご自身の体験を踏まえ、出来るだけ手作りで、離乳食含めた親子で楽しめる安全な食事を出しています。

子どもの健康に気を使った安全な食事を提供

 

これからも、子どもに楽しんでもらえる場所を提供し続けたい!


そんな子鉄さんですが、実は、2018年にあらかわ遊園のリニューアル工事に伴い来客数が減少。
厳しい状況ながらもあらかわ遊園が再開されるまでの辛抱と営業を続けてきた子鉄さんですが、ここにきてのコロナウイルス感染拡大。子どもが主役のカフェだけに営業を自粛されています。

カフェ子鉄

しかしこのままでは存続のピンチ!

あらためてコロナウイルスが収束し、あらかわ遊園もリニューアルオープンされた際には、またたくさんのお子さん達、お母さんお父さん達に、この外出自粛で辛抱した分も含めて、思い切り楽しく過ごしてもらえる場所を提供したい。

このおっきなレイアウトをまた楽しんでほしい!

その思いで思い切ってクラウドファンディングを開始されました。
集めた資金は、主に家賃光熱費などの固定費に当てさせていただくとのこと。
お気持ちだけで支援できるものもれば、さまざまなリターン品がセットになった支援もあり、1000円から応援が可能です。

プラレールが走るカフェ「子鉄」存続の為、皆さんの力を貸してください!!

荒川区でたくさんの親子を見守ってきたカフェ。

これからの子どもたちのためにも、
これからのお母さんお父さんのためにも、
この場所が残っていてほしいな、って思った方。
ぜひ応援を検討してみてください。

 

フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です