丸文製菓が現代に問う!おこしの進化系「SOY&ALMOND」クラファン中

この記事は約1分で読めます。

日暮里に唯一残る手作りおこしのメーカー丸文製菓が、クラウドファンディングを実施中です。
その中身は新製品「SOY&ALMOND(ソイアーモンド)」。

現代の世の中で常食として選ばれる商品を生み出したい。そう考えた丸文製菓3代目の細谷誠さんによる野心的な商品です。

きっかけは「数あるお菓子から「おこし」を選択する理由がない」という友人の言葉。
そこから、おこしのお菓子としてのシンプルな良さを活かしつつ、健康志向の現代に合った商品を開発しました。

その経緯についてはクラウドファンディングサイトに詳細にかかれています。
▼ほっとひと息の気分転換に!無添加でカラダに優しい、とっておきの【クラフトおこし】
https://www.makuake.com/project/okoshiya/

送っていただいたサンプルを確認しました。
従来のおこしとは異なる高級感のあるパッケージは40gのソイアーモンド入り。
表面は銀色にスタイリッシュなラベルで無駄のないシンプル感が。

裏面は厚みのある紙素材でナチュラル感がありますねー

素材は玄米、アーモンド、大豆、優しい甘さの麦芽水飴、オリゴ糖やミネラルを含むてんさい糖の4種類のみ。
徹底的にこだわった栄養素については一袋で5.7gのタンパク質が摂取可能。
食塩はわずか0.01gと、塩分控えめにしたい人も気軽に食べられますね。
まずはそのまま食べてみます。

甘みが控えめでパフや大豆からクセのない自然な甘みが噛むほどに広がります。
手も汚れないので、オフィスにもっていってこれをつまみながらお仕事、とかありですね。
続いて、細谷さんオススメの「牛乳に入れる」食べ方にもチャレンジ。

グラノーラみたいな感じですね。
実際食べてみると、パフが牛乳に溶け込んでかなり食べやすくなります。
でも糖は控えめなのであっさりとした朝食感。
ナチュラル、オーガニックな味が好きな方にはオススメ。

丸文製菓が現代に問う、あたらしい「常食」としてのおこしの形。
様々な応援特典が付くクラウドファンディングは7月4日まで。

荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です