【2019あらかわ逸品特集】⑤トマトゆずぽん(横田酒店)

この記事は約1分で読めます。

横田酒店は、荒川なかまち通り商店会の中程にある酒屋さん。
オシャレな構えで入りやすい酒屋さんです。

全国津々浦々の酒蔵を店主が訪問し、自ら納得の上で厳選した珍しい日本酒などを販売しています。
お客さまの希望を聴いて、趣向に合ったお酒などを提案してくれます。

2019年、横田酒店が逸品としてオススメするのは「トマトゆずポン」。
愛媛県の西予市の標高600mぐらいの村で栽培されているトマトを使って製造されたものです。
もともと奈良で住んでいた方が、このままでは村がダメになると一念発起し村起こしを行っており、レストランや食堂を運営しています。更に、何か自分たちで商品化できないかということで企画されたのがこの商品です。
農林水産省の地域資源を使った商品開発コンテストでも入賞しました。

自家製のトマト酢のまろやかな酸味とゆずの豊かな香りがブレンドされており、市販されているお酢などと比べてツンと来ないのが特徴です。
値段は650円と、一般のゆずポンと比較すると安くは無い値段ですが、魚、肉問わず鍋料理や、サラダ、豆腐など、何にかけても美味しいです。
商品の販売を通じて過疎化する地域を応援したいと考えています。

<2019 逸品お披露目会での参加者評価>


自分用に欲しい:8.5点/10.0点満点
オススメしたい:8.7点/10.0点満点

「残り香に程よいトマト感を感じられるのが良い。湯豆腐などを多く食べる冬に欲しいアイテムだった。」
「ヘルシーで良い。こだわりの食品として良い。」
「トマトを使ったポン酢は珍しいのでもっと広まって欲しい。ヘルシーなイメージ。トマト嫌いでもリコピンが摂取できる。」
「自分用の他、贈答品としても購入したい。」

2019あらかわ逸品特集 関連記事


<店舗基本情報>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です