ごはんからスイーツまで!子どもたちに人気のあらかわ遊園グルメ5選

この記事は約3分で読めます。

<スポンサード記事>


アトラクションに動物とのふれあいに…と、子どもたちのお楽しみが盛りだくさんのあらかわ遊園。親子で楽しみたい、子どもたちに人気のあらかわ遊園グルメをピックアップしました。

1.子どもたちの大好き!がいっぱい。お子さまランチボックス


ランチメニューの1番人気は「お子さまランチボックス(770円)」。から揚げ、ハンバーグ、ニコちゃんポテト、ブロッコリー、チキンライス、ミニゼリーと、子どもたちが大好きなおかずが勢ぞろいしています。ボリュームが異なる「大人様ランチボックス(960円)」も売られているので、親子でおそろいごはんを楽しむのもいいですね。
もぐもぐハウスで購入できます。

アレルゲン情報:卵、乳、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、豚肉

2.王道のおいしさ。元祖オムライス


ごはんものをしっかり食べたい子どもには「元祖オムライス(880円)」がおすすめ。大きなエビフライつきが嬉しいポイントです。この日は期間限定のデミグラスソース仕様でしたが、通常はトマトケチャップソースがかかっています。しっかりめの味付けで食べごたえがある逸品です。こちらももぐもぐハウスで購入可能。

アレルゲン情報:卵、乳、小麦、えび、大豆、鶏肉、豚肉

3.メディアで紹介されて話題沸騰!もんじゃポテコロ


テレビ番組でも紹介され早くも話題沸騰中の「もんじゃポテコロ(250円)」はあらかわ遊園でしか食べられない限定スナック。ベビースターラーメンでおなじみのおやつカンパニーとのコラボレーションで生まれた商品で、衣の代わりにベビースターラーメンをたっぷりまとっています。子どもたちの手におさまるサイズ感も食べやすくていいですね。1日に200個以上食べられている人気の逸品です。もぐもぐハウスで購入できます。


もぐもぐハウスにはあらかわ遊園限定グッズを購入できるおみやげコーナーも併設されています。

関連記事:あらかわおこしも!荒川102で紹介した商品があらかわ遊園で買える!


キャラクターグッズのほか、低アレルゲンおやつや使い切りサイズの紙オムツ、急な雨天時にも安心のキッズ用レインポンチョなども販売されているので、いざという時も安心です。

4.暑い季節に!SNS映え間違いなしのレインボーかき氷

暑い日はコッペぱんクックの「レインボーかき氷(450円)」でクールダウン。ふわふわに削られた氷に、ブルーハワイ、レモン、イチゴの3つのソースをたっぷりと重ねがけすることでレインボーカラーに仕上げられています。口に入れるとふわっと溶けるはかないくちどけがたまらない逸品です。わくわくハウス内、コッペぱんクックで販売中。

5.おみやげにもおすすめ。グリッシーニ風のカタカタつりわぱん


都電を改装した『カフェ193(いっきゅうさん)』で購入できる「カタカタつりわぱん(270円)」は、グリッシーニ風のかためのパン生地にお砂糖がかけられた素朴な味わいがおいしいおやつ。2週間ほど日持ちするので、おみやげとして購入するのもおすすめです。


“つりわぱん”の名の通り、店内に吊るされているのもポイントです。食べられる吊り輪、ぜひ味わってみてくださいね!

アレルゲン情報:小麦


『カフェ193』は都電のなかで飲食できるのもひとつのポイント。電車大好きな子どもたちにはたまりませんね。

親子であらかわ遊園グルメを楽しもう!


リニューアルオープンを行い、グルメも満喫できるスポットにパワーアップしたあらかわ遊園。今回はその一部をご紹介しましたが、他にも注目のグルメは盛りだくさんです。思う存分遊んだあとは、親子でおいしいひとときを過ごしてみてくださいね!

<スポンサード記事>


<施設情報>

  • 施設名:あらかわ遊園
  • 住所:東京都荒川区西尾久6-35-11
  • 電話番号:03-3893-6003
  • 営業時間:9時〜17時(夜間営業日は20時)
  • 定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
  • Twitter:@arakawayuuen

入園料

大人 65歳以上 中学生 小学生 未就学児(3歳以上) 2歳以下
入園料 800円 400円 400円 200円 無料 無料
フリーパス料金 1,800円 1,400円 1,000円 700円 500円 無料

小さなお子様は無料です。
フリーパスは入園料込み、乗り物乗り放題(一部硬貨式の遊具は除く)、室内遊び場わくわくパーク利用料込み


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です