荒川区を拠点とする世界的靴職人、三澤則行氏が靴アートの個展を開催(プレスリリース)

この記事は約2分で読めます。

荒川区を拠点に世界的靴職人として活躍するアーティスト三澤則行氏による作品展「〜未来へ跳ぶ靴(Shoes That Jump Toward the Future)〜」に関するプレスリリースがありました。

三澤氏からのコメント:
「2020年は日本の靴150周年という記念的な年です。しかしながらコロナの影響で靴業界の様々な関連イベントが中止となりました。ですので、業界のためにも私の作品展は絶対に開催したいという思いで動いてきました。作品展のテーマは靴の未来です。万全な対策を取りながら開催しますので、荒川区にお住いの方々にもぜひご来場いただけたら幸いです。」

参考記事:
THE SHOEMAKER’S CLASS – 靴職人に教わる本格革靴作り@新三河島駅徒歩1分


<プレスリリース本文>

MISAWA SHOE DESIGN 株式会社
2020年11月16日 11:37

世界的靴職人、三澤則行が靴アートの個展を東京で開催!


コロナ禍で生まれた全く新しい靴のアート作品も発表!


スパイク・リーなどの世界的映画監督や俳優、国内では宮内庁にも製作実績を持ち、世界的アート団体からもアーティストとして認められた靴職人三澤則行。カンヌ、 ニューヨーク、ロンドン、ベルリンなど世界各地で作品を発表してきたが、2020年は「日本の靴150周年」の記念イベントとして東京浅草で個展を開催する。

「曲げられた靴」

「燃える靴」(映像作品)

「足の巣」

<開催概要>

三澤則行 作品展 〜未来へ跳ぶ靴(Shoes That Jump Toward the Future)〜
■会期 2020年11月23日(月・祝) ~ 11月29日(日)
■時間 10:00 ~ 18:00 (最終日のみ 〜17:00)
■場所 東京浅草文化観光センター7F(東京都台東区雷門2-18-9)
■主催 クツミライ・パートナーズ / シューフィル

<靴職人 三澤則行について>

<主な受賞歴>
2010年 International Efficiency Contest of Shoemakers (ドイツ国際靴職人技能コンテスト)、金メダル、名誉賞、の両賞受賞。 2015年 第33回 日本革工芸展「文部科学大臣賞」受賞。 ほか多数

<主な活動>
2017年 カンヌ映画祭と連動し展示会開催(フランス・カンヌ)
2017年 ニューヨークのチェルシーのギャラリーで個展を開催
​2018年 ロンドンのギャラリーで個展を開催
2019年 ピアニストHenning Schmiedtとコラボレーション作品を発表(ドイツ・ベルリン)
2019年 宮内庁に納品(伊勢神宮「親謁の儀」)
2020年 天皇皇后両陛下より「御紋付銀手釦」を賜る

<主なメディア掲載、出演>
2017年 ロサンゼルスタイムズ誌掲載 (2017.5.26)
2018年 NHK WORLD「TOKYO FASHION EXPRESS」放送
2019年 XTOTVのTV番組「Punto Vida」出演(ボリビア) / RBBのラジオ番組に出演(ドイツ・ベルリン)

<製作実績>
スパイク・リー(映画監督) / エイドリアン・ブロディ(俳優) / パク・チャヌク(映画監督) / シド・ミード(ビジュアル・フューチャリスト) など多数


Noriyuki Misawa (MISAWA SHOE DESIGN 株式会社)
URL : http://www.noriyukimisawa.com
所在地 : 東京都荒川区荒川5-46-3-1F
電話:03-6807-8839
事業内容: アート靴、注文靴の製造・販売、靴学校の運営


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です