イベントレポート:荒川リバーサイドマラソン2014 〜 今年も大盛況

この記事は約2分で読めます。

荒川沿いを走るマラソンが毎年行われているのをご存知ですか?
イベント名は「荒川リバーサイドマラソン」、その名の通りです。

なんと23回も開催されています。東京マランソンより断然古いです。結構長く続いてますよね。 今年は、11月16日(日)に、快晴の天候のもと開催されました。

今回から新しく、2キロメートルの部が創設されました。小学1年生から3年生が出場できるので、親子での参加が多くなったようです。区外の方の参加もOK。23区のマラソンイべントとして、毎年盛り上がっています。 ちょっとだけ詳細をお伝えしましょう。

■会場
荒川区営少年運動場

会場レイアウト

■種目
ふれあいマラソン(2キロメートル)※順位はつかない
2キロメートル(小学1年生から3年生)
3キロメートル(小学4年生から6年生・中学生)
5キロメートル(一般男女)
10キロメートル(一般男子39歳以下、40歳以上、50歳以上、60歳以上・一般女子39歳以下、40歳以上)

■定員
2,600人 (区内在住、在勤、在学者2,200人 区外の方400人)

■申込期間
平成26年9月1日(月曜)から9月30日(火曜)まで(※来年の参考にしてくださいね)

■参加資格
小学生以上の健康な方(小学生は保護者の同意が必要)

■参加費
小・中学生 300円 一般 1,000円

■申込方法
所定の申込書に必要事項を記入押印の上、下記の申込受付場所へ、参加費を添えて申込み。

荒川区役所 3階 スポーツ振興課(土曜・日曜・祝日を除く)
荒川総合スポーツセンター
あらかわ遊園スポーツハウス
郵送(現金書留の封筒に、参加費・申込書・82円切手を貼った返信用封筒を入れる)
参照:荒川区公式ページ(スポーツイベント)

大人もたくさん走っていますが、区内の子ども達の参加も多いんですよ。 少年野球チーム、サッカーチームなど、団体で参加をしている場合も多く、ユニフォーム姿で走っている子ども達を多く見かけます。

子どもたちも沢山参加。

うちの娘もその一人でした。また、息子の中学校では、生徒よりも先生の間で盛り上がっていた様子。休日に学校外で、先生が集まり、走り、応援している姿を見れるとは、ちょっとレアであり微笑ましくあり。保護者も混ざって交流している様子を見ていると、地元に根ざしたいいイベントだなと感じます。

毎年、模擬店も出ています。 今年は、豚汁とフランクフルト、焼きそば、焼き菓子、ドリンクでした。 結構いろいろでしょ? お天気がいいとはいえ、さすがに11月の川べり。風が冷たいです。 ほかほかの豚汁は胃にしみますよね。

ちなみにすぐ売り切れちゃうか、大行列必死なので、入手できるとさらに心がホカホカ、幸せかもしれません。

参加者全員に、参加賞(リストバンド)が渡されます。完走できると「完走賞」の賞状もついてきます。 タイムの良かった人にはは、表彰されますし、来年配られる冊子に順位が載ります。 趣味でゆる〜くもよいですが、本気で走る意味もあるのが荒川リバーサイドマラソンです。

小学校て学年男子で優勝したのは、尾久FCの新角くん(写真)。 やはりサッカー少年は走るの速い! 優勝して表彰台の一番上に乗った気分はどうだったかな?

ぜひあなたも来年はエントリー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です