不思議な魔法にかかりにおいで。展覧会「エムズ商店街へようこそ」開催中

この記事は約1分で読めます。

エムズ商店街。
それは東京藝術大学デザイン科の学生、長浦萌子、信川みなみ、小島美冬の3人が創り出した不思議な商店街。

地下にある不思議な書店。
瓶詰めで売られている使い魔と呼ばれるペットたち。
魔法と雨水や枯れ草を掛け合わせた薬品を売る薬屋。
盲のお婆さんが営む乾物屋。
おどろおどろしい奇妙な生き物の肉を売る精肉店。。

どれも、ちょっぴり不気味なようで、なんだか可愛い。。。
不思議な魅力を放つお店と、住人たち。

ギャラリー七面坂途中に、そんな空間がどこからともなく現れました。

展覧会「エムズ商店街へようこそ」(イベントカレンダー)

入り口にあるこの商店街を牛耳るエムズ一族のウェルカムメッセージを読めば、この奇妙な商店街の由来が記されています。

この世界を操る3人の姿も。

商店街を回るには入り口にあるポイントカードをもって回るのがおすすめです。
各商店を覗いた証に、お店のシンボルマークをスタンプで押していきましょう。
押すほどに、あなたにも魔法が効いてくるかも。

この空間は、毎日3人の創造主によって「息をするように」魔法の創造物が生まれ、少しずつ変わっているのだとか。

「気に入ったら買っていくんだよ。。。」
不気味な商人たちがささやくそんな声が、どこからともなく聞こえてきそうです。。

私もつい、ふらふらと魔法にかかってしまい、2頭の使い魔と契約してしまいました。
家の中にも、エムズ商店街へつながる扉を開けてしまったかもしれません。

この魔法が切れるのは9月13日(日)。

展覧会「エムズ商店街へようこそ」の魔法にかかりに、あなたもぜひお越しください。


<展覧会の情報>

  • 場所:ギャラリー七面坂途中
  • 住所:荒川区西日暮里3-14-6
  • 会期:2020年9月1日〜9月13日、11:00-19:00


荒川102の公式SNSをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です